オリンピックが迫る今、もう1度あの頃の興奮を思い出して…金ロー『ALWAYS 三丁目の夕日'64』

最新ニュース

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(C)2012『ALWAYS 三丁目の夕日'64』製作委員会
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(C)2012『ALWAYS 三丁目の夕日'64』製作委員会
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(C)2012『ALWAYS 三丁目の夕日'64』製作委員会
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(C)2012『ALWAYS 三丁目の夕日'64』製作委員会
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(C)2012『ALWAYS 三丁目の夕日'64』製作委員会
昔懐かしい昭和の日本を描いた大ヒットシリーズの3作目となり、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希らが出演した『ALWAYS 三丁目の夕日'64』が、11月24日(金)の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でオンエアされる。

本作は西岸良平によるコミック「三丁目の夕日」を実写映画化し2005年に公開され、大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、その続編として2007年に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3作として2012年に公開。

1作目、2作目では昭和33年(1958年)の東京の下町・夕日町三丁目を舞台に、そこに暮らす人々の姿を描き、多くの観客の郷愁を誘い、1作目は第29回日本アカデミー賞では全部門(13部門)にノミネートされ、13部門中12部門で最優秀賞を獲得するなど、日本映画史に残る作品となった。

今作では舞台をタイトルにあるように6年後の1964年とし、東京オリンピックの熱気に包まれた夕日町三丁目を舞台に懸命に生きる家族たちの姿を描く。

東京オリンピック開催目前の1964年。人気作家として活躍中の茶川(吉岡さん)とヒロミ(小雪さん)の元で育てられた淳之介(須賀健太)は高校生に成長。ヒロミの出産を控えて茶川の執筆活動も絶好調のはずが、新人作家の「緑沼アキラ」に人気を奪われ気味で再びスランプに。

一方、則文(堤さん)が営む鈴木オートは順調に事業を拡大。六子(堀北さん)は店の近くを通る若い医師・菊池(森山未來)に一目惚れし距離を縮めていくがタバコ屋のキン(もたいまさこ)によれば菊池は新宿の歓楽街に日々出入りしているとか。

一方ヒロミは茶川の父・林太郎(米倉斉加年)の危篤を知らせる電報を見つけ、ヒロミに説得されて渋々実家のある松本へ向かう茶川だったが、叔母の奈津子(高畑淳子)は歓迎してくれたものの、林太郎からはあっけなく追い返されてしまう…というストーリー。

2020年の東京オリンピックに向け、また生まれ変わろうとしている東京。かつてのオリンピックの時代の景色と共に、感動の家族愛の物語を堪能して。

また本シリーズを手がけた山崎貴監督らスタッフが再結集、本作の原作者でもある西岸氏の「鎌倉ものがたり」を映像化する『DESTINY 鎌倉ものがたり』も12月9日(土)より全国東宝系にて公開。

同作は主演には堺雅人、ヒロインには高畑充希を迎え、2人が新婚夫婦役を演じるほか堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和ら“山崎組”も出演。安藤サクラ、中村玉緒らも加わり超豪華キャストで、新たな映像美が繰り広げられる。こちらもお見逃しなく。

金曜ロードSHOW!『ALWAYS 三丁目の夕日'64』は11月24日(金)21時~日本テレビ系でオンエア。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top