吉永小百合「私だけでいいのか…」報知映画賞主演女優賞に恐縮

最新ニュース

「第37回報知映画賞」表彰式(左から、能年玲奈&森山未來&吉永小百合&安藤サクラ&満島真之介)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(左から、能年玲奈&森山未來&吉永小百合&安藤サクラ&満島真之介)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(左から、木村大作&森山未來&吉永小百合&満島ひかり)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(左から、香川照之&堺雅人&広末涼子)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(左から、香川照之&堺雅人&広末涼子)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(満島真之介)
  • 「第37回報知映画賞」表彰式(左から、阿部寛&能年玲奈)
女優の吉永小百合が12月18日(火)、都内のホテルで開かれた「第37回報知映画賞」の表彰式に出席。『北のカナリアたち』での熱演が評価された吉永さんは、28年ぶりに同主演女優賞を獲得したが「みなさんから良い作品だという声をたくさんいただき、手応えもあった。もしかしたら、作品賞かなと期待していたので、私ひとりでいいのか…という思いがあります」と恐縮した様子。それでも『北のカナリアたち』『ALWAYS 三丁目の夕日’64』の2作品で助演男優賞を受賞した森山未來、お祝いに駆けつけた共演者の満島ひかり、撮影を手がけた木村大作氏とステージに居並び、『北のカナリアたち』がこの日の“主役”となった。

「今年は決選投票で、僅差だったと伺っています」(吉永さん)という通り、大接戦となった作品賞を制したのは、内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』。内田監督の受賞を祝おうと、堺雅人、広末涼子、香川照之という豪華キャスト陣が駆けつけ表彰式を彩った。「終始ワハハと笑いながら、楽しく平和に撮影した。だから、逆にインタビューで答えることがなくて、インタビュアーさんを困らせちゃったほど」(堺さん)、「素っ裸のまま、銭湯ですっ転ぶ(笑)。そんなたった1秒のシーンを、丸一日かけて撮影したのが昨日のよう」(香川さん)。ちなみに、広末さんは体調不良で声が出ず、挨拶こそなかったが、その分男優2人が丁々発止のやりとりで盛り上げ役を買って出るなどチームワークは相変わらず。内田監督も「この映画は、とにかくキャストが良かった」と喜びの笑顔を見せていた。

また、高倉健が約6年ぶりの出演作『あなたへ』で、第2回(1977年)以来の主演男優賞を受賞した。スケジュールの都合で表彰式は欠席となったが、「今回の受賞を励みに、これからも精進していきたい」とメッセージを寄せ、さらなる飛躍を誓うと、会場からは大きな拍手が沸き起こった。高倉さんの代理として、同作がなんと20本目のタッグとなる盟友・降旗康男監督が登壇し、「健さんを鉄に例えるのも何ですが(笑)、『鉄は熱いうちに打て』という言葉もあるように、とにかく早く次の作品を撮りたい」と次なる21本目に期待感。「ぜひ面白い企画で、健さんを誘い出してくれれば、友人として嬉しい」と映画関係者が集う会場でアピールしていた。

<「第37回報知映画賞」受賞結果一覧>
作品賞・邦画部門:『鍵泥棒のメソッド』(内田けんじ監督)
作品賞・海外部門:『アルゴ』(ベン・アフレック監督)
主演男優賞:高倉健(「『あなたへ』
主演女優賞:吉永小百合(『北のカナリアたち』
助演男優賞:森山未來(『ALWAYS 三丁目の夕日’64』『北のカナリアたち』
助演女優賞:安藤サクラ(『愛と誠』『その夜の侍』
監督賞:吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』
新人賞:満島真之介(『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』
新人賞:能年玲奈(『カラスの親指』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top