松坂桃李、役にのめり込みすぎて沢尻エリカら「近づきにくい」「話しかけられない」

最新ニュース

松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会
  • 松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会
  • 新田真剣佑&松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会
  • 『不能犯』完成披露試写会
  • 新田真剣佑&松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会
  • 間宮祥太朗/『不能犯』完成披露試写会
  • 芦名星/『不能犯』完成披露試写会
  • 矢田亜希子/『不能犯』完成披露試写会
  • 白石晃士監督/『不能犯』完成披露試写会
立証不可能犯罪をダイナミックに描く映画『不能犯』完成披露試写会が12月21日(木)、都内にて行われ、主演を務めた松坂桃李のほか、共演の沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督が勢揃いした。沢尻さんには「イメージぴったりで近づきにくいオーラがあった」と言われ、芦名さんにも「漫画に出てくるあのままの姿が現場でもあったので、本当に話しかけられなかった」と暴露された松坂さんは、しどろもどろ。しかし、白石監督より「演じるときは豹変しますから」と俳優としての太鼓判を押され、恐縮そうにしながらもうれし気な笑顔を見せていた。

『不能犯』完成披露試写会『不能犯』完成披露試写会に登壇したキャスト陣
『不能犯』は絶望をあやつる殺人者・宇相吹正(松坂さん)と、希望で闘う女刑事・多田(沢尻さん)の対決を軸にしたスリラー・エンターテインメント。何ひとつ証拠が出てこない、都会で次々と起きる変死事件。唯一の共通点は、事件現場で必ず目撃される宇相吹正で、彼の犯行はすべて立件不可能な犯罪=不能犯だった。警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に様子がおかしくなってしまう。

■松坂桃李、新田真剣佑を誘惑するも…


宇相吹という男を演じるにあたって、松坂さんは「楽しかったです。人間の欲や業にまみれた人たちを死にいざなっていく立ち位置だったので、見事に“あなたもいってしまうんですね”という瞬間に立ち会うと、笑みがこぼれる理由がわかるなあって」と、アンチヒーロー役に充実をにじませる。沢尻さんも、「(宇相吹は)すごい怖かったです。現場で初めてお会いしたとき、キャラクターが出てきたんじゃないかと思うくらいイメージがぴったりで」と、そのなり切りぶりを絶賛。

新田真剣佑&松坂桃李/『不能犯』完成披露試写会新田真剣佑&松坂桃李
そんな宇相吹と対峙してどうだったかと感想を求められた新田さんは、「僕、お会いしたことないんですよね?」と劇中のシーンに言及し、キョトン顔。すると、松坂さんが「仮定ね! もし、真剣がいま、宇相吹と対峙したらどうかって聞いたと思うよ?」とお兄さん顔で諭すと、新田さんも「OK」と流暢に言いながらも、即座に「こんな質問、台本に書いてありましたっけ?」と切り返し、「でも、かからないと思います」ときっぱり。松坂さんが「え? 自分の弱い意思に勝てる?」と誘惑しても「うん」と涼やかな顔で答えた新田さん。微笑ましいやり取りに、場内の観客からは「かわいい~」という黄色い声も飛んでいた。

『不能犯』は2018年2月1日(木)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top