【インタビュー】役が人生を浸食する――ノオミ・ラパス、“自分を保つ”秘訣とは?

最新ニュース

ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • Netflixオリジナル映画『ブライト』
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
  • ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
「悪役を演じてみたかったの」。こう言いながら微笑む姿はチャーミングで可愛らしくもあるが、『ブライト』に登場するノオミ・ラパスは美しく、恐ろしい。彼女が演じたレイラは階級社会の頂点に立つエルフであり、残忍で獰猛なリーダーだからだ。異種族が入り乱れる争いの中で、レイラは人間のウォード(ウィル・スミス)とオークのジャコビー(ジョエル・エドガートン)に牙をむいてくる。

「私は演じる役を理解したいと思っている。執着と言ってもいいほどにね。悪役を演じたかったのは、役の中にハートを見つけるのが大きな挑戦だと思ったからよ。なぜ彼女はそうなったのか? たとえ残酷な行いでも理解し、正当化しなければ演じられない。レイラを理解する鍵は、彼女の痛み、夢、情熱にあったわ。かつて存在していた古い世界の秩序を取り戻せば、エルフにとって美しい世界が訪れると彼女は信じているの」。

Netflixオリジナル映画『ブライト』『ブライト』階級社会の頂点に立つ“エルフ”レイラ
さらにもう1つ挑戦だったのは、そんなレイラの内面をアクションで表現すること。台詞ではなく、流麗なキックや俊敏なガンファイトが彼女を物語る。「まさに挑む気持ちだったわ! 完璧で美しい戦い方をするのがエルフだし、レイラは静謐なキャラクターだからちょっとした動きにも意味があるの。彼女の静寂と激しい葛藤。そのバランスを見つける必要があった」。

また、「エルフの瞳になるのは大変。コンタクトを入れているのだけど、乳白色がかってよく見えなくなるから戦いにくいの。歯も喋りづらかったわね。変な発音になってしまうから、ひたすら練習した」と語るように、エルフだけにレイラは外見も特徴的。ただし、ノオミ・ラパスという人はそもそも、作品ごとに印象が大きく異なる。「そう言ってもらえて嬉しいわ。繰り返したくない気持ちが強いの。挑戦したいし、新しい方向に行きたい。それは人生も一緒ね。私自身も、役柄も、常に変わり続けようとしている」。

ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishiiノオミ・ラパス「私は私。ただ自分を見失うこともある」
では、素顔のノオミ・ラパスはどんな人? 単刀直入にこう聞くと、「誰にも分かりっこないわね(笑)!」との答えが。「私は私。ただ、自分を見失うことはあるわ。それくらい深く役に入り込むから。例えば、(7つ子の姉妹を1人7役で演じた)『セブン・シスターズ』のときは悪夢にうなされた。役ごとに靴も違ったから『今日の撮影はどの靴で?』とみんなに聞くのに、誰からも返事をもらえなくて裸足で撮影現場に行く夢を見たの。パニックよね(笑)。そうやって、役が人生を浸食することはたまにある」。

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』『プロメテウス』などにも出演し、いまや国際的スターに。現在への足掛かりとなったのは「ミレニアム」シリーズのリスベット役だが、「こうなるとは全然予想していなかった」と明かす。「母国のスウェーデンは小さい国だから、国外で活動するだろうとは思っていたけど。7歳のときから、『いつかニューヨークに住む!』と言っていたくらいだし(笑)。ハリウッドを夢見ていたわけではないけど、最高の才能と仕事をしたいとは思っていた。だから、いまの私はすごく幸せ。世界を見て回れるしね。東京の街を散策した昨晩も、それを噛みしめたわ。映画を撮りたいくらい素敵だもの。ただ、あまりにも旅が多いから、いまの自宅はロンドンだけど故郷は心の中。ルーティーンを決めて、それをこなすことで日常を作り、自分を保つの」。

ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii故郷は心の中に…ロンドンで日常を作り、自分を保つ
自分を保ちながら、世界を駆け巡る。そんな彼女のモットーは「オープンであること」だそうだ。「ものすごく裕福な家庭で育ったわけでもないから、夢のために戦い続けてきた。何者になるのか、どの道を行くかは自分次第だとずっと信じてきたの。夢は何なのか? 何がしたいのか? と常に問い掛けているし、そんな自分を開放するようにしている。日本もそうだと聞いたのだけど、スウェーデンでは自分の気持ちを隠す傾向にあるの。感情を人にさらすよりは、抑える。家族の間でさえもね。そんな風潮を壊そうとしているところが、私にはあるかもしれない。だって、役者は感情とリンクするものだから。様々な感情を抱くことを恐れてはいけない。悲しみでさえもね」。

「作品選びの際は、脚本、役柄、監督のコンビネーションが大事。仕事をしたい人は数えきれないけど、いま思いついた監督はアン・リー、ダーレン・アロノフスキー、キャスリン・ビグロー。クリスチャン・ベールとはいつか絶対に共演したい!」とのこと。『ブライト』への出演も「見たことのない作品世界、魅力的な悪役、監督のデヴィッド・エアー」のコンビネーションが決め手だった上に、Netflixとのタッグにも心惹かれたという。それでは最後に、ウィル・スミス&ジョエル・エドガートンにもした質問を。映画館で観たことはないけれど、自分にとって大切な1本になっている映画は?
「トニー・スコットの『トゥルー・ロマンス』ね。14歳のときにテレビで見て、夢中になったわ。本当に大好きで、何度も何度も観たの。いまも大切に思っている作品よ」。

ノオミ・ラパスNetflixオリジナル映画『ブライト』/photo:You Ishii
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

関連ニュース

特集

page top