『サブウェイ123 激突』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ニューヨーク市営地下鉄の指令係、ガーバー(デンゼル・ワシントン)の平凡な一日は、無謀な犯罪により大混乱に陥る。武装ギャングのリーダー・ライダー(ジョン・トラヴォルタ)は、巨額の身代金が1時間以内に支払われなければ乗客を処刑すると脅迫してきたのだ。緊張が高まる中、ガーバーは人質を救出するため、地下鉄に関する全知識を駆使するが、彼にも解けない謎が一つだけあった。犯人たちが身代金を受け取ったとしても、彼らはどうやって逃亡するのか…? デンゼル・ワシントン×ジョン・トラヴォルタ豪華競演作。1974年に公開され大ヒットした『サブウェイ・パニック』のリメイク。

スタッフ

監督

トニー・スコット

キャスト

作品データ

  • 2009年9月4日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開
  • 原題THE TAKING OF PELHAM 123
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『サブウェイ123 激突』関連記事

ジョン・トラヴォルタ、自家用機を操縦しハイチに救援物資を空輸 画像
ゴシップ

ジョン・トラヴォルタ、自家用機を操縦しハイチに救援物資を空輸

25日にジョン・トラヴォルタが自家用ジェット機を操縦、ハイチ大地震の被災者への救援物資を首都のポルトープランスまで空輸した。

ブラピ再降臨 vs J・デップ!写真でふり返る来日ハリウッドスター2009【後編】 画像
レポート

ブラピ再降臨 vs J・デップ!写真でふり返る来日ハリウッドスター2009【後編】

2009年の映画界の動向を来日したハリウッドスターでふり返り! 前編ではブランジェリーナに『トワイライト』一同、ザック・エフロン&ヴァネッサ・ハジェンスなどの来日の模様をふり返ったが、下半期も大物スターが続々。

ジョン・トラヴォルタ、恐喝事件の証人としてバハマで出廷 画像
ゴシップ

ジョン・トラヴォルタ、恐喝事件の証人としてバハマで出廷

ジョン・トラヴォルタが今週水曜(9月30日)にバハマの首都・ナッソーの裁判所に出廷、彼から2,500万ドルを脅し取ろうとした恐喝罪で起訴された2人の被告の裁判の証人として証言台に立った。

普通の男が発揮する底力…名演光る重厚サスペンスに唸る『サブウェイ123 激突』 画像
コラム

普通の男が発揮する底力…名演光る重厚サスペンスに唸る『サブウェイ123 激突』

『マルコムX』、『ザ・ハリケーン』、『トレーニング デイ』をはじめ数多くの主演作で“強い男”を演じてきた俳優が、25ポンド(約11キロ)体重を増やし、メガネをかけている。続けてコーヒーをうっかり自分にひっかけてしまうようなドジな一面が映し出される──その姿を見て「えっ? この人、デンゼル・ワシントンだよね…」と疑問に思うのは当然だろう。そう、2度のアカデミー賞に輝くデンゼル・ワシントンが『サブウェイ123 激突』で演じるのは、ごく普通の男。本作はそんな普通の男がいざというときに発揮する底力を描いた重厚なサスペンス・ドラマだ。

“交渉人”デンゼル・ワシントンが明かす、これまでの人生で最もタフな交渉相手は…? 画像
インタビュー

“交渉人”デンゼル・ワシントンが明かす、これまでの人生で最もタフな交渉相手は…?

舞台はニューヨークの街に張り巡らされた地下鉄(サブウェイ)。白昼、この巨大交通システムの盲点を衝いてハイジャックが発生! 犯行グループのリーダーが交渉役に指名したのは、平凡を絵に描いたような地下鉄職員だった——。まもなく公開を迎える『サブウェイ123 激突』で、犯行グループとの交渉に当たるこの地下鉄職員・ウォルターを演じているのはデンゼル・ワシントン。2度にわたるオスカー受賞歴を誇るこの名優はなぜ、「本来、ごくごく平凡な男」であるこの役を演じるに至ったのか? 映画の公開を前に来日を果たした彼に話を聞いた。

デンゼル・ワシントンが大江戸線を司る! 一日運輸指令所長で「出発シマース」 画像
レポート

デンゼル・ワシントンが大江戸線を司る! 一日運輸指令所長で「出発シマース」

白昼のニューヨーク市営地下鉄で起こった人質事件。何の、巡り合わせか事件の交渉役を務めることになった一介の地下鉄職員とハイジャック犯の息詰まる攻防を描いた『サブウェイ123 激突』が9月4日(金)に公開を迎える。この地下鉄職員・ガーバーを演じたデンゼル・ワシントンが9年ぶりに来日! 映画に因んで8月20日(木)、デンゼルが都営地下鉄大江戸線の一日運輸指令所長に就任し、同じく一日駅長(国立競技場駅)を務める西川史子とともに任命式に臨んだ。

ハイジャックを呼び込むかも…? 『サブウェイ 123』車両が大江戸線に登場! 画像
スクープ

ハイジャックを呼び込むかも…? 『サブウェイ 123』車両が大江戸線に登場!

大江戸線でパニック!? 8月1日(土)より、都営大江戸線で、都営地下鉄としては史上初となる映画のビジュアルをフルラッピングした車両が登場し、話題を集めている。これは、ニューヨークの地下鉄を舞台にしたサスペンス・アクション『サブウェイ 123 激突』とのコラボレーションとして実現したもの。従来の大江戸線とは全く異なる青と黒を主体にした色調で、映画のタイトルと共に主演のデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの姿が大きく描かれている。

ジョン・トラヴォルタ、息子を亡くした悲しみは癒えず。主演作プレミアを欠席 画像
ゴシップ

ジョン・トラヴォルタ、息子を亡くした悲しみは癒えず。主演作プレミアを欠席

デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの共演が話題の新作『サブウェイ 123』のロサンゼルス・プレミア上映がマン・ヴィレッジ・シアターで開催され、トニー・スコット監督とともにデンゼルや共演のマギー・Qやタラジ・P・ヘンソン、タイリース・ギブソンらがレッドカーペットに登場した。

ひげにタトゥーですっかり悪人顔、トラヴォルタがデンゼルとの共演作で悪役に挑戦 画像
ゴシップ

ひげにタトゥーですっかり悪人顔、トラヴォルタがデンゼルとの共演作で悪役に挑戦

トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが4度目のコンビを組む、74年のアクション映画『サブウェイ・パニック』のリメイク作『テイキング・オブ・ペラム123 (原題)』の撮影が佳境を迎えた。

page top