ひげにタトゥーですっかり悪人顔、トラヴォルタがデンゼルとの共演作で悪役に挑戦

トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが4度目のコンビを組む、74年のアクション映画『サブウェイ・パニック』のリメイク作『テイキング・オブ・ペラム123 (原題)』の撮影が佳境を迎えた。

最新ニュース ゴシップ
N.Y.のタイムズスクエアで『The Taking of Pelham 123』を撮影中のジョン・トラヴォルタ -(C) ロイター/アフロ
  • N.Y.のタイムズスクエアで『The Taking of Pelham 123』を撮影中のジョン・トラヴォルタ -(C) ロイター/アフロ
トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが4度目のコンビを組む、74年のアクション映画『サブウェイ・パニック』のリメイク作『テイキング・オブ・ペラム123 (原題)』の撮影が佳境を迎えた。

ニューヨークの地下鉄を武装グループがジャック、乗客を人質に身代金を要求するというストーリーで、地下鉄の保安責任者とハイジャック犯のリーダーとの攻防を描く。ワシントンはウォルター・マッソーが演じた保安責任者に扮し、ロバート・ショウが演じた武装グループのリーダーを演じるのはジョン・トラヴォルタ。

スコット監督ともワシントンともこれが初顔合わせとなるトラヴォルタは、久々の悪役を演じることにかなりの意気込みを見せている。今年2月から極端に短く刈り込んだ奇妙なヘアスタイルにしていたが、実はこの映画のための役作り。クランクイン後は口ひげと首にタトゥーまで加わり、迫力の悪相に変身した。

『テイキング・オブ・ペラム123 (原題)』には、ほかにジェームズ・ガンドルフィーニがニューヨーク市長役で出演。来年7月31日に全米公開を予定している。



N.Y.のタイムズスクエアで『テイキング・オブ・ペラム123 (原題)』を撮影中のジョン・トラヴォルタ。

© ロイター/アフロ
《text:Yuki Tominaga》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top