『あるいは裏切りという名の犬』 ロバート・デ・ニーロ&ジョージ・クルーニー主演でハリウッドリメイク決定

最新ニュース

『あるいは裏切りという名の犬』 メイン
  • 『あるいは裏切りという名の犬』 メイン
元警官のオリヴィエ・マルシャル監督が、実話を基に映画化、フランスを代表する2大スター、ダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデューの共演が話題の『あるいは裏切りという名の犬』。

ジェラール・ドパルデューの旧友であるロバート・デ・ニーロが本作のリメイク権を取得し、彼の会社トライベッカ・プロダクションでの製作が決定していたが、「ル・パリジャン」誌に掲載されたオリジナル作の監督オリヴィエ・マルシャルと、共同脚本を手掛けたドミニク・ロワゾーのインタビュー記事で、ハリウッド版ではデ・ニーロ自身とジョージ・クルーニーが主演することが明らかとなった。

ダニエル・オートゥイユが演じた主役レオをデ・ニーロが、ドパルデューが演じたドニ役をジョージ・クルーニーが演じる。脚本は『クライシス・オブ・アメリカ』『トリスタンとイゾルデ』のディーン・ジョーガリスが担当し、2007年撮影目標で企画が進行。監督には『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォスターが候補に挙がっている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top