『鉄コン筋クリート』豪華競演陣発表&世界配給決定

最新ニュース

『鉄コン筋クリート』
  • 『鉄コン筋クリート』
  • 『鉄コン筋クリート』サブ1
  • 『鉄コン筋クリート』サブ2
松本大洋の漫画を原作にしたアニメーション映画『鉄コン筋クリート』が24日、第19回東京国際映画祭特別招待作品として上映された。完成披露記者会見も同日に開催され、主演の二宮和也、マイケル・アリアス監督、さらにキャスティングとしてこの日発表された宮藤官九郎、田中泯らも姿を見せ、それぞれが作品に対する熱い胸の内を語った。なお本作はソニー・ピクチャーズエンタテインメントによる世界配給も決定。ベルリンやカンヌといった海外映画祭への出品に加えアメリカ、アジア圏、南米なども視野に入れた展開が予定されている。

マイケル・アリアス監督「松本大洋さんの素晴らしい原作に出会って10年以上になります。出会って以来、毎日どうやって映画化しようか、どう作ろうかと考え続けてきました。原作と出会った頃、ちょうど日本では様々な事件が起き、古い街並みが次々と壊されていて、『永久に存在するものなんて、ないんじゃないか』という不安を感じながら、私は毎日を生きていました。その葛藤の中で『鉄コン筋クリート』は『永久に変わらないものとは“愛”なんだ』という答えを教えてくれた作品です。クロ、シロ、木村、鈴木…すべてが私の分身であり、人間の一側面であると思います。まさかこれほど贅沢なかたちで映画化できるとは考えていませんでした。一日でも早く、みなさんに映画館に足を運んでいただき、率直な感想を聞かせていただきたいです」

二宮和也「自分が本当に大好きだった作品が映画化されると知り、まさか自分が演じることになるとは思ってもおらず、主演のお話をいただいたときにはびっくりしました。同時に、自分で良いのかなという気持ちも半分あったと思います。自分が演じたクロというキャラクターは、遠いところからモノを見るクセがあるんです。自分もクロと同じ距離から、においをかぎわけたり、色をのぞきこむようにして、クロと同じ目線でモノを見るように心がけていました。マイケル監督の指示のもと、自分は声を吹き込むことに没頭できました。『鉄コン筋クリート』は、人との愛、街との愛、作品との愛、キャラクターとの愛が詰まった作品です。アニメの原点をたどると、スタッフが寝ないで描いた1枚の絵になります。そういう部分を感じてもらえると、さらに深い愛が伝わってくると思います」

宮藤官九郎「沢田というエリートで、冷めている刑事を演じています。アニメの声をやるのは初めてだったので、ものすごく緊張しました。ですから最初のほうは声が小さいんですけど、後半に進むにつれだんだん大きい声になっていきます。そのへんを楽しんでいただければと思います(笑)。僕は原作が雑誌で連載されているころから読んでいたんですが、当時から夢みたいな話だなと思っていました。いま読み直すと、さらにすごくいいんですね。忘れてしまっていた気持ちを思い出せるような気がして。僕はアニメーションをたくさん種類を見たことがないんですけど、これはすごいんですよね…。言葉じゃ言えないくらいです」

田中泯「僕もアニメの仕事をやるのは初めてです。とても面白そうだなと思って、引き受けたんですけど、とても苦労しました。でも、本当に何度も試させていただいて、気持ちいい現場でした。僕が演じるのはネズミという役で、人との出会い次第では、僕自身がネズミのような人間になっていたかもしれないな、と思わせる人物です。僕は『納得できる言葉を吐いている役』をやりたいと思っているのですが、ネズミも、セリフを読ませていただき引き受けることにしました。生意気なようですがとてもわかるキャラクターです。良い奴だなあと思って演じていました。この話は『もっと遠くにある愛』の話じゃないかと思います」

本作にはこの日の会見に出席した3人に加え、蒼井優、本木雅弘、伊勢谷友介、大森南朋、岡田義徳、森三中といった豪華な顔ぶれも声優として参加。12月23日より渋谷東急ほか全国松竹・東急系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top