ソフィア・コッポラ最新作『マリー・アントワネット』1月20日公開初日決定

最新ニュース

ソフィア・コッポラ最新作『マリー・アントワネット』1月20日公開初日決定
  • ソフィア・コッポラ最新作『マリー・アントワネット』1月20日公開初日決定
『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー賞脚本賞を受賞したソフィア・コッポラの最新作『マリー・アントワネット』の公開初日が1月20日に決定した。

ソフィアが以前からずっと企画を温め続け、マリー・アントワネット生誕250周年を機についに製作が実現した本作。

豪奢な生活の中に、王妃としての孤独や繊細な心の揺れを垣間見せるこれまでにない等身大のマリー・アントワネットを演じるのは『ヴァージン・スーサイズ』のキルステン・ダンスト。また、2度のアカデミー賞受賞を誇るミレーナ・カノネロが衣裳を担当し、フランス政府の全面協力の下、ヴェルサイユ宮殿での撮影も行われるなど貴族たちの華やかな宮廷生活を描いたシーンも見所。

最も愛され、そして最も憎まれた世界一有名な王妃の、誰も知りえなかった心の奥底を描いた全世界待望の話題作がいよいよ日本上陸。(写真は今年5月に開催されたカンヌ映画祭レッドーカーペットに登場したソフィア・コッポラ監督、キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン)


《photo:Pascal Le Segretain》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top