佐藤江梨子「勘違い女宣言」! カンヌを沸かせた話題作が堂々の凱旋!

最新ニュース

凱旋を果たした『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』キャスト陣
  • 凱旋を果たした『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』キャスト陣
「劇団、本谷有希子」を率いる女流作家・本谷有希子の同名戯曲を原作に、気鋭のCMディレクター・吉田大八監督が、佐藤江梨子を主演に据えて作り上げた『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』。「あたしは特別な人間なんだ」という自意識過剰の勘違い女・澄伽を中心に、皮肉とブラックユーモアを織り交ぜた人間模様から日常的な日本を描き出し、先に行われたカンヌ映画祭の批評家週間にも出品された。5月31日(木)、本作の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶に吉田監督と佐藤さん、さらに佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏が登壇した。舞台挨拶の前には、本作の主題歌「世界が終わる夜に」を歌うチャットモンチーのライブも行われ、会場は大きな盛り上がりを見せた。

佐藤さんは自身が演じた澄伽のキャラに触れ「私も勘違いしてナンボですから。澄伽の全然めげないところは好きですね」と堂々の“勘違い女宣言”。一方、澄伽に怯えながらも彼女を冷静に観察する妹・清深を演じた佐津川さんは、いじめられる側とあって大変だったようだ。「大変だったのはお風呂のシーンですね、体力的に。一日中お湯に浸かりっぱなしで辛かったです。気持ち的にはお姉ちゃんとやり合うところが大変でした」とその苦労を語ってくれた。

この2人のやりとり(一方的ないじめ?)は映画の中でも大きな見どころの一つ。佐藤さんが「私は学生の頃、学年3位とか獲ってたくらい足が速いんですが、佐津川さんを追いかけるシーンで『若者に負けたくない!』って思いきり走ったら、佐津川さんに『本気にならないでください…』て言われました」と撮影中のエピソードを明かすと場内は笑いに包まれた。

2人の兄・宍道を演じた永瀬さんは「普通は、3人のキャラの中でどれか一つをメインに映画を作ることが多いんですが、今回はトリプルで素晴らしかったです」と作品に自信をのぞかせる。

そして和合家の兄妹たちを外から見つめるも、否応なしに騒動に巻き込まれてゆく人の好い澄伽の兄嫁・待子を演じたのは永作さん。「愛すべき、ウザい女になろうと思って演じました。男女関係なく全ての人にそう思われたいですね」と語ってくれた。

コメントからうかがえる、映画の中の役に負けない出演陣それぞれのキャラクターの強さに、いったいどんな撮影現場だったのか? と想像をかき立てられるが、この個性派のキャスト陣をまとめきったのが、今回初めてメガホンを握った吉田監督だ。カンヌでは惜しくも受賞はならなかったものの、随所に高い評価が聞こえた。吉田監督はカンヌで得た手応えを「イメージしていた以上に好評で、『こういう日本映画は見たことがない』と言われたことはすごく嬉しかったですね」語ってくれた。堂々の凱旋を果たした『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』。日本での評価はいかに? 7月7日(土)よりシネマライズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top