【カンヌ映画祭レポートvol.15】ついに、まっちゃんの『大日本人』お披露目!

最新ニュース

いよいよ、まっちゃんがカンヌ入り!
  • いよいよ、まっちゃんがカンヌ入り!
今日はネタ豊富だわ〜。さすが映画祭も中盤にさしかかり、俄然華やかさが増してきてるわよ〜!

華やかなのは世界各国の映画人が集まるから、だけど、今日から華やかになった理由はもうひとつあるの。それは日本人のカンヌ入り。今回の映画祭には、公式な上映枠に3つの日本作品と、1つの日本人関連作が入っているの。

一つは最も大きな部門のコンペティション部門にノミネーションされた河瀬直美監督(『殯の森』)。それと『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督とサトエリちゃんほか一同。そして、カンヌ60周年を記念して世界中の監督が短編を寄せた『トゥー・イーチ・ヒズ・オウン・シネマ(原題)』に参加した北野武監督。彼らはもうちょい後でこちらに来るそうだから、続報をお楽しみに!

そして、今日来たのはダウンタウンのまっちゃんこと松本人志さん! もう、情報通のみなさんならご存知だと思うけど、日本で公開が1日早まって話題になっている初監督作『大日本人』が、ここカンヌの監督週間に出品されることになってカンヌ入りしたの。

さっき日本人プレス向けに会見が行われたから、そのときの写真をつけてお知らせよ。

日本ではまだ誰も観ることができていない作品で、カンヌが初お披露目の場になってるそうだけど、松本さん曰く「かなり自分が出ずっぱり」だそう。理由は「僕は俳優じゃないし、最初はそこまで出るつもりはなかったけど、吉本興行が初めて先行投資をしているだけに『出なあかん』と言われまして(笑)」と、会見なのにネタ? みたいな。ほんと、どんだけ〜!(これもネタ)

なお、『大日本人』はこちらの時間で夜10時に公式上映、明日は世界中のプレスを前に記者会見があるわ。世界のマツモトなるか、乞うご期待ね。



cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! 
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top