「どんど晴れ」の内田朝陽が、『スピードマスター』でキレキャラに挑戦!

最新ニュース

『スピードマスター』舞台挨拶にて(左から)鮎貝健、蒲生麻由、中村俊介、内田朝陽、須賀監督
  • 『スピードマスター』舞台挨拶にて(左から)鮎貝健、蒲生麻由、中村俊介、内田朝陽、須賀監督
  • 『スピードマスター』 中村俊介
  • 『スピードマスター』 内田朝陽
かつて最速無敗を誇る走り屋だった赤星颯人。しかしレースで友人を失い、それまでの生活に空しさを覚え、放浪の旅に出る。そして、ある街で少女・まひろと驚異のチューンナップカーに出会ったことで、再びレースの世界に戻っていく…。チューンナップされた日本車がストリートバトルを繰り広げる『スピードマスター』が8月25日(土)に公開される。それに先駆けて8月19日(日)にプレミア試写会が行われ、監督の須賀大観、主演の中村俊介を始め、内田朝陽、蒲生真由が舞台挨拶に登壇した。また、本作の冒頭に出演している鮎貝健がMCを務めた。

「主人公の赤星颯人をやらせていただきました中村俊介です。この颯人という人物は本当に無口で、過去に何かを背負っていて、そのためになかなか前に動き出すことのできない、止まってしまっている人間です。それが、北乃きいちゃんが演じるまひろと出会って少しずつ変わっていきます。僕自身、本当に車が大好きなので、この現場はすごく幸せでした」と観客に向けて挨拶をした中村さん。そんな中村さんが劇中で操るのは、スポーツカーの中でも特に人気の高いRX-7 FC3S、通称FCだ。「撮影中は本当に一部になりました。一体感というか…こんな車に乗れる機会はもうないなと思ったので、相当幸せでした。僕が免許を取ってすぐに買ったのがスポーツカーなんですけど、映画に出てくるのはその時に流行っていた車ばっかりなんですよ。セブン、Z、本当にたまらない感じになりました」とコメントした。

監督も中村さん同様に、「非常に楽しい現場でした」と言う。「僕自身はそんなに車に詳しかったわけではないんですけれども、元々戦闘機とかロケットとか、とにかくメカが好きでしたから、現場では車にはまって楽しんでやらせていただきました。僕は作品を撮るごとに、出演している俳優さんのファンになってしまいます。今回もとてもステキな俳優さんばかりだったので楽しく、そして、ときめきながら現場で過ごしました。実は撮影したのは、去年の夏だったんです。こんな衣裳やら、コートやら、ジャケットやらで俳優さんをいじめ抜きまして(笑)、大変失礼しました。キャスト・スタッフ全員揃って暑い中撮影した、熱い映画が完成しました」と、撮影をふり返った。

颯人を疎ましく思い、勝負をしかけていく黒咲勇弥を演じたのは、NHKの朝の連続テレビ小説でもおなじみの内田さん。「なかなかこういう役を演じる機会がなかったんですけど、監督からお話をいただいて、映画を面白くするエッセンスになればいいなと思ってやりました。とにかくイヤなヤツです(笑)。僕自身、それほどディープに車にはまった時期がなかったので初めは不安だったんですが、現場を通してすごく興味を持って、みなさんと一緒に思い切りできたんじゃないかと思っています」と初のキレキャラを演じた感想を語ってくれた。

また、勇弥と行動を共にする紅一点の大道寺リオを演じた蒲生さんは、「最初に台本を読んだ時点ではクールでかっこいい女性だな」と思ったそうだ。「自分でもこういう役を極めていけたらなと思っていたので、すごいやる気満々で、衣裳合わせに行きました。そこで、この衣裳がかかっているのを見た瞬間、“これは腹をくくるしかない”と。監督や内田さんと相談しあって楽しくやることができましたけど…最初はとにかくビックリしました」。確かに、全身ピンクの衣裳は迫力満点だ。

車に詳しい人も、そして全然詳しくなくても思う存分、そのスピード感に浸ることができる『スピードマスター』は8月25日(土)より、池袋シネマ・ロサほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top