「『朧』をやるということはずっとやること」劇団☆新感線×市川染五郎の決意表明

最新ニュース

『朧の森に棲む鬼』初日舞台挨拶にて橋本じゅん(左)と市川染五郎
  • 『朧の森に棲む鬼』初日舞台挨拶にて橋本じゅん(左)と市川染五郎
  • 『朧の森に棲む鬼』初日舞台挨拶 市川染五郎
  • 『朧の森に棲む鬼』初日舞台挨拶 橋本じゅん
舞台のライブ感をそのままスクリーンに映し出した「劇団☆新感線」によるゲキ×シネ。舞台とも映画とも違う新しいエンターテイメントとしてじわじわと認知度を上げているゲキ×シネの最新作『朧の森に棲む鬼』が10月6日に(土)に初日を迎えた。『髑髏城の七人〜アオドクロ 』以来の劇団☆新感線への出演となる市川染五郎が舞台挨拶を行った。

舞台に登場するなり「こんばんは。写真屋さんです(笑)」とボケた市川さん。この一言で会場は一気に打ち解けた様子。市川さんは今日の衣裳について「訳が分からなくなっちゃいました。劇団☆新感線の記者発表や挨拶の時には、何かしらの格好をしたいと思って、着物を作ったりしてきたんですけど、今回は何もないです。一瞬、“あれ? 俺、EXILE?”とか(笑)」。先日の舞台挨拶でも自身が演じたライ青年のメイクで登場するなどのこだわりを見せた市川さんだが、今日はあくまでも「写真屋さんですね」だそうだ。

今回のゲキ×シネについて聞いてみると、「ゲキ×シネって、いわゆる舞台中継ではありますけど、そのクオリティというのは、新しいものなんですよ。“ゲキ×シネの『朧の森に棲む鬼』”というくらい、すごくこだわりのある映像というか、作品になっていると思います。これまでの作品も非常にクオリティの高い作品なのでDVDで見たりするのを楽しみにしていましたし、今回こうやって全国で上映されるということで、ゲキ×シネという今までにないジャンルのものに関わらせていただけたのはすごく光栄です」と熱い思いを語ってくれた。

そしてサプライズゲストとして、市川さんが“師匠”と慕う劇団☆新感線の橋本じゅんさんが登場! 劇団☆新感線の中でもかなり人気の高い橋本さんはジャージ姿で登場するなり、「これ、一応僕の正装中の正装ということで。ゲキ×シネ、僕出てないんですけど(笑)!」と市川さん同様に会場を沸かせてくれた。その市川さん曰く、「思い返せばもう7年前にもなりますか? 『阿修羅城の瞳』という芝居で初めて劇団☆新感線に出演させていただいたんですが、その時にもう頭がいっぱいいっぱいで、どうしたらいいんだろうっていう時に稽古場で声をかけていただいたのがじゅんさんで、それ以来“師匠”と呼んでます」と、2人のなれそめを話してくれたが、当の橋本さんは…「僕、人見知りするんですよね。間違っていたらごめんね。僕の記憶ではね、隅の方にいたら、そめちゃんの方から声をかけてくれたんやと思ってるんやけど、間違いかな?」と、ちょっと頼りなげ。それでも、2人の信頼関係が垣間見えた。

先日掲載したインタビューでも、「出演を迷った」という市川さんに橋本さんから「これまでに劇団☆新幹線とおつきあいをしていただいて、“新幹★染”という立派なユニットも完成の域に達してきていますが、でもほんまにキツイと思うんです。あと何年、もしくは何本かでもいいんですが、ぶっちゃけ、あとどれだけ僕らと付き合おうと思ってますか?」という質問が。ファンとしてはかなり気になる質問だが、果たして市川さんの答えは? 「ぶっちゃけ、この『朧の森に棲む鬼』の前、『髑髏城の七人〜アオドクロ 』をやらせていただいたときに、これがそもそも劇団☆新幹線との出逢いだったものですから、本当にそこで一区切りだと思っていたんです。そこから先はゼロから考え直そうと思っていたところに、『朧の森に棲む鬼』の話をいただいたんですよね。それで、ここでやるってことは、もうずっとやるってことだな、って。そういう覚悟がないと『朧の森に棲む鬼』をやってはいけないなと思っていたんです。なので、その時は非常に悩みましたが、まあ『朧の森に棲む鬼』をやったということはそういうことです」と嬉しい決意を表明してくれた。

この2人が「ゲキ×シネは、衣裳や小道具、役者さんの表情など、“へぇ、こんなんなってたん?”と劇場では分からなかった部分も含めて、本当に独立した作品(橋本)」、「ゲキ×シネのクオリティというのは、意地を感じるくらいスゴイもので、井上さんの演出をさらに鮮明に、そしてゲキ×シネでないとできない形で表現した、映画でも舞台でもない新しいジャンル(市川)」と評するゲキ×シネの『朧の森に棲む鬼』は、全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top