ナンチャンが銭形警部!? 『デスノート』スピンオフ“L”主演作がお目見え!

最新ニュース

『L change the World』クランクアップ会見にて(左から)中田秀夫監督、松山ケンイチ、福田麻由子、南原清隆
  • 『L change the World』クランクアップ会見にて(左から)中田秀夫監督、松山ケンイチ、福田麻由子、南原清隆
  • 『L change the World』クランクアップ会見 松山ケンイチ
  • 『L change the World』クランクアップ会見 南原清隆
昨年、『デスノート』、『デスノート the Last name』と相次いで公開され大ヒットを記録し、香港、韓国、シンガポール、台湾、タイなどアジア各国でもヒットのみならず社会現象とまで言われるブームを巻き起こした「デスノート」。このシリーズのスピンオフとして主人公・夜神月=キラと白熱の頭脳戦を繰り広げた天才“L”がスピンオフ作品『L change the WorLd』で帰ってきた。10月31日(水)に本作のクランクアップ記者会見が行われ、主演の松山ケンイチほか、南原清隆、福田麻由子、そして中田秀夫監督が出席した。

「再び“L”を演じることに重圧を感じていた」と言う松山さん。「ですが、クランクインの2か月くらい前に脚本をいただいて、監督とプロデューサーの3人と話し合う機会を設けていただいたんです。そこから僕の“L”が出発しました。そうなったら、あまり重圧は感じなくなりましたし、とにかく“L”という1人の人間をどうすれば、より深く見せられるか、どう感じてもらえるかなどを3人で話し合ったので、この話し合いで僕は、“L”という役作りをみんなでさせてもらった気がしますし、『デスノート』とは違ったL像というのが出来上がりました」と仕上がりに自信を見せた。「映画のスケールの大きさに合う芝居ではなく、“L”という人物を正直に演じたつもりです。“これを伝えたい”という自分の思いを込めて演じました。いろんなメッセージがこめられています。今回は“L”自身が動き出すことがすごく多くて。今までは人を使ったり、何かを利用して、という状況が多かったんですが、今回は本当に自分自身が闘うことが多かったんです。監督とは常にキャラクターについて話し合いながら進めていきました。そこが上手く行かなかったら、今回の“L”は、どこかぶれてしまうような気がしていたんで、それをすごく重要にお芝居をしてました」とキャラクターについて説明してくれた。

『ピアノの森』『Little DJ~小さな恋の物語』など映画界での活躍目覚ましい福田さん。父を殺されて復讐をしようとする少女・二階堂真希の役。「シリアスで重いシーンが多いので大変でしたが、何とか撮り切れてホッとしています」と明るい表情で笑う。本作のキャッチコピー、“L、最期の23日間”にちなんで、自分の人生が残り23日間だったとしたら? という問いに「私は恋をしてみたいです。恋しないままは死にたくない!」と、かわいらしく答えてくれた。

ワタリ(藤村俊二)亡き後のLを守るために登場するFBI捜査官・駿河秀明を演じた南原さん。「“L”を助けるというか、実はFBIとして“デスノート”を奪還するという役どころですが、“L”と共に行動します。僕は元々“L”が好きだったので、“もっと深い話はないのかな”と思っていた時にちょうどこのお話をいただいたので、本当にラッキーでした(笑)」と挨拶。「僕が一番最初に松山くんに会ったときは、カメラテストのときだったんです。松山くんはすでに“L”になっていて、その状態で『オハヨウゴザイマス』と言われてびっくりしました。撮影はすごい楽しかったです。松山くん自身は素朴な好青年なんですが、“L”になると非常に心が硬いんですよね。この硬い心をどうやって溶かそうかとラストシーンに向けてがんばりました」と撮影時のエピソードを語る。お笑い要素はなし? という質問には…「FBIなので、キレイに演じようと思って臨んだんですが…銭形警部みたいになってしまいましたね(笑)。やっぱりお笑いはところどころあるようになりました。監督もそれでいいって言うんで…」と、会場を笑わせた。

『デスノート』シリーズのスピンオフであることについて監督は、「作風は、前2作の金子監督は、僕が非常に尊敬する日活の先輩で、お話したことも何度かあります。『デスノート』2作を拝見して、原作の漫画もヒットしているようですが、すごく良い意味で、“L”が選ぶ道を良い意味で裏切って、はっとさせられました。現代人に潜むダークな部分をついていて、そういうところはドキッとさせられました。金子監督の作風を受け継ぐというよりは、“L”というキャラクターを『デスノート』の中にいる“L”と、この『L change the World』の“L”とは、180度違っている人物でもいけないけど、全く違う事件に向き合う“L”なので、違った見え方もさせたい。そこで自分の中のせめぎあいがありました」と率直に語ってくれた。

「現在鋭意編集中で年末には完成します」と中田監督が意気込む『L change the WorLd』は、2008年2月9日より丸の内プラゼールほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top