和製“ジャンパー”軍団の歓迎にヘイデン「こんにちは!」 『ジャンパー』ご一行来日

最新ニュース

『ジャンパー』ジャパン・プレミアにて (左から)ダグ・リーマン監督、レイチェル・ビルソン、ヘイデン・クリステンセン
  • 『ジャンパー』ジャパン・プレミアにて (左から)ダグ・リーマン監督、レイチェル・ビルソン、ヘイデン・クリステンセン
自分の行きたい場所へ瞬時にジャンプできるという究極の能力を持つ男と、彼らジャンパーの宿敵・パラディンの大バトルを描いた、話題のアクションSF大作『ジャンパー』。3月7日(金)の公開に先駆けて、主演のヘイデン・クリステンセン、レイチェル・ビルソン、ダグ・リーマン監督一行がプロモーションのために来日。2月26日(火)に行われた本作のジャパン・プレミアの会場に登場した。

ヘイデンを先頭に3人は、劇場エントランスの階段に敷かれたレッドカーペットを上っての登場。映画に因み“行き先無制限”を表現した数枚の鏡で出来た壁まで進むと、そこには本作の強力な応援団が。団長として彼らを出迎えたのは、今年最も“ジャンプ(飛躍)”しそうなアイドル、アッキーナこと南明奈。そして、サッカー日本代表の中澤佑二はじめ、棒高跳び選手の澤野大地、フィギュアスケートの村主章枝、トランポリンプレーヤーの上山容弘、スポーツキャスター・荻原次晴、スノーボード選手の国母和宏、プロトランポリンプレーヤーの中田大輔という、スポーツ界で活躍中の7人がタキシード姿で登場し、力強いエールを送った。これには、ヘイデンたちも驚きと歓喜で、満面のスマイルを見せてくれた。

舞台挨拶では、南さんから花束と「Welcome to Japan」という祝福の言葉が贈られた。世界を股にかけて敢行された本作のロケ地の中には、ここ東京も含まれているが、うわさのカップル、ヘイデンとレイチェルは流暢な日本語で「こんばんは」と挨拶。そして、手を切るなどの怪我をしたといった撮影時の苦労などを聞かせてくれた。これに続き、2人に負けじとリーマン監督も、「こんばんは、東京。ダグ・リーマンです、楽しんでください」と日本語を披露。早くも次回作の可能性も臭わせ、会場に集まったファンの期待を倍増させた。

最後にヘイデン、レイチェルがファンに向けて「映画を楽しんで!」とメッセージを送ると、会場は一斉に黄色い声援に包まれた。最強“ジャンパー”たちの応援も加わり、日本での飛距離記録に期待できそうな『ジャンパー』は3月7日(金)より日劇1ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top