役所広司「自分の演技に自分でOK出すのが辛い」 初監督作『ガマの油』撮影好調

最新ニュース

『ガマの油』記者会見。(左から)二階堂ふみ、瑛太、役所広司、澤屋敷純一
  • 『ガマの油』記者会見。(左から)二階堂ふみ、瑛太、役所広司、澤屋敷純一
  • 『ガマの油』記者会見にて 役所広司。
  • 『ガマの油』記者会見にて 瑛太。
役所広司が自らの原案で初監督を務める『ガマの油』。クランクインから1か月を経た6月18日(水)に、撮影の合間を縫って記者会見が行われ、役所さんに加え、瑛太、澤屋敷純一、二階堂ふみ、小林聡美という共演陣が出席した。

撮影の様子を尋ねてみると役所さんは「最高のスタッフと役者さんが集まってくださり、素晴らしいスタートを切ることができました。全然映画のことを分かっていない監督ですが、スタッフのみなさんに本当に助けられています。これまでは自分は現場に来て、演技するだけだったんですが、監督をやるとなったら全てに付き合わなくてはいけないんですね。スタッフの苦労を目の当たりにして、これまで何も考えずに『おつかれさま』なんて言ってた自分の軽さを実感しました。俳優さんの演技については、実際にカメラの前で演じてもらうと、台本を読み合わせていたときよりも、ずっと魅力的なんです。みなさんが輝いていく瞬間を見るのが楽しくて仕方がない、といった感じです」と目を輝かせる。役所さん自身も、矢沢家の大黒柱でデイトレーダーの拓郎として出演しているが、そのことについては「全然ダメです。やはり自分の演じたものに対してOKを出すというのは嫌なもんですね。『もう1回やりたい』と思うんですが、言いにくい部分もあって…。俳優としてはすごく辛いところがありますね」と苦笑した。

拓郎の妻・輝美と“ガマの油売り”のお輝の二役を演じる小林さんは「気がつけばもう何十年もこの仕事やってきたんですが、役所さんとはこれまでご縁がなかったんです。『素晴らしい俳優さんだな』と見てるだけだったんですが、こうして第1回監督作品でご一緒できて光栄です」と挨拶。役所“監督”については「最近ではどの現場でも、すっかり大人の役者として扱われて、演出されることがあまりなかったんですが、役所さんは細やかな演出をしてくださいます。『そこは指を動かさないで!』とか、本当に厳しく言ってくださるので新鮮な気持ちで演じています」と語った。

瑛太さんは、交通事故で昏睡状態になる矢沢家の一人息子・拓也に扮する。各方面での活躍が続き、スケジュールの調整も難しい瑛太さんとあって、役所さんは「寝てていいから」と出演を口説いたとか。当の瑛太さんは「台本を読んで、ゾゾゾっと鳥肌が立ちました。役所さんと小林さんの息子役ということもあって、どんなにしんどくても絶対に出演したい、と思いました。プロデューサーから『役所さんと本当の親子に見えるよ』と声をかけていただき、『大丈夫みたいだな』とホッとししています」と充実した撮影が行われていることをうかがわせた。

K-1ファイターとして活躍する澤屋敷さんは、拓也の友人で少年院帰りの青年・秋葉を演じる。初めての映画の現場について「全く経験がないので、毎回『あ、こういうものなんだ』という感じですね。役所さんはTVで見ていた人なんで、実際にお会いしても『本物なのか? CGなんじゃないか?』と思ってしまいますね(笑)」と感想を語った。

拓也の恋人・光を演じる二階堂さんも映画は今回が初出演となるが「現場に入って初めて知ったことが多くて、毎日が勉強で、すごく楽しいです。役所監督は、難しい演技でも、お手本を示して、すごく細かく指導してくださいます。私の長いおしゃべりにも気長に付き合ってくれるし(笑)、優しいです」と笑顔で語ってくれた。

撮影は6月30日(月)にクランクアップ。果たしてどんな作品に仕上がるのか? 『ガマの油』は2009年公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top