極彩色の中島ワールドでは「どの俳優さんもみんな、本当に気持ちの悪い顔でした」

最新ニュース

『パコと魔法の絵本』初日舞台挨拶にて(左から)中島哲也監督、國村準、劇団ひとり、阿部サダヲ、妻夫木聡、役所広司、アヤカ・ウィルソン、土屋アンナ、加瀬亮、小池栄子、山内圭哉
  • 『パコと魔法の絵本』初日舞台挨拶にて(左から)中島哲也監督、國村準、劇団ひとり、阿部サダヲ、妻夫木聡、役所広司、アヤカ・ウィルソン、土屋アンナ、加瀬亮、小池栄子、山内圭哉
  • 『パコと魔法の絵本』初日舞台挨拶にて 役所広司
  • 『パコと魔法の絵本』初日舞台挨拶にて アヤカ・ウィルソン
  • 『パコと魔法の絵本』初日舞台挨拶にて 妻夫木聡
『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』など、“中島ワールド”と一言では片づけられないような独自の世界を繰り広げてきた中島哲也監督が2年以上の歳月をかけて作り上げた『パコと魔法の絵本』。日本映画界を代表する俳優たちが、監督曰く「キャリアを台無しにするような」衣裳とメイクで登場する本作が9月13日(土)に公開初日を迎え、その中島監督、主演の役所広司を始め、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村準の総勢11名が舞台挨拶を行った。

毎日メイクに3時間、撮影中は誰よりも早く現場に入っていたという役所さん。「くそじじいの大貫を演じました! 映画の宣伝で全国を回ったんですが、その方たちはタダで入ってらっしゃるんです(笑)。でも今日はみなさん、ちゃんとお金を払ってくださった本当のお客さまです(笑)。本当にこの映画を楽しんでいただけたと信じています。1人でもたくさんの人に観ていただきたいし、この感動をたくさんの人に伝えていきたいと思います。みなさん、今日は帰りの電車の中で、“『パコと魔法の絵本』面白かった”とつぶやきながら(笑)帰ってください」と、まずは爆笑を誘った挨拶。「これだけ素晴らしく、ステキな俳優さんたちと何か月も東宝撮影所のセットにこもって、みんなで一緒に撮影した時間というのは本当に良い思い出です。それぞれの俳優さんたちも、本当に気持ちの悪い顔でしたが(笑)、撮影の合間に楽しいおしゃべりをしたことが忘れられません」と本作での思い出を語った。

大貫の甥で、小池さん演じる看護婦・雅美の夫でもある浩一を演じた加瀬さんは、「久々にすごいキャストたちと劇中劇という変わったことをやらせてもらって、芝居の楽しさを改めて教えてもらった映画でした。たくさんの人と一緒に楽しめる映画だと思います」と作品をアピール。撮影中については「いまとなっては阿部さんの顔しか思い出せないんです。残念な思い出です(笑)」だそうだ。

「ハッピーになってもらいたい」と言う小池さん。「劇団ひとりさんとのシーンが、どうしてもバラエティのコントみたいな気分になってしまった」と撮影の苦労を明かせば、劇団ひとりさんも「“痛い、痛い”って苦しんでる芝居をしている側で小池栄子は“キモイ!”と言った」など、普段TVでよく見るようなやりとり。果たしてスクリーンでの2人の演技はどうなのか?

この『パコと魔法の絵本』で映画デビューとなるアヤカちゃんが、「いっぱい泣いて、いっぱい笑って楽しんでいただけましたか?」と、会場の呼びかけると大きな拍手。それに答えて「心温かくなってくれたら私も嬉しいです」とニッコリ。撮影中の思い出を聞かれ、「良い映画を作るために、監督がずーっと怖い顔でスタッフを怒鳴っていたところが忘れられないです」と、会場の笑いを誘っていた。

中島作品へは3度目の出演となる土屋さん。「今回は看護婦役って聞いて“やったー! 癒やし役だー!”と思ったら悪魔の看護婦で、案の定きれまくりでした。でも、これまでとはまた違ったキレ演技だったので、すごく勉強になりました」と、いつもの土屋さんらしくない…と思いきや、「彦麻呂、面白くなかったですか? あれにはやられたなと思って(笑)。だからみなさん、友達にも『良かったよ、彦麻呂』って言っておいてください!」って、アピールポイントが間違っているような…。

映画の原作である舞台にも同じヤクザ役で登場している山内さんは、オカマの木之元を演じた國村さんが忘れられないようで、「待ち時間とかに、國村さんがカツラを外した状態で社会情勢を語っていたのが忘れられません。カツラ外しただけですからね。熱くしゃべってるんですけど、ブラジャーがちょっと見えてたりして(笑)。いまでもたまに夢に出てくるときがあるんですけどね。で、その横で加瀬くんが、『最近、世知辛い事件が多いですよね』みたいなこといってるんですけど、“いやいや、君、いまキノコみたいな頭になってんで”みたいな」と語り、会場は爆笑。

その國村さんは劇中劇の衣裳に苦労したそうだ。「頭に小さいシャンデリアのようなかぶり物をしたんですが、それがすごく重いんです。これはヤバイぞと思ったら、上手い具合に木之元さんはむちうち症で、首にコルセットをしていたんですね。とてもじゃないけどそのコルセットがなかったら、本当にむちうち症になるところでした(笑)」。

一見、浮浪者のように見える衣裳だった妻夫木さんは「この映画は本当に宝箱みたいな映画だなと思っていて、笑いあり、涙ありと、ありとあらゆるところに中島監督の考えたいろんなアイディアが詰まっていて、全編渡って気が抜けない映画です。みなさんも1回と言わず、2回くらい観ていただけたら嬉しいなと思います」と作品をアピールした。

加瀬さんに“残念”呼ばわりされてしまった阿部さんは撮影中、死ぬ思いをしたとか。「僕が池の中からタニシの格好で出てくるシーンなんですが、あのとき監督に“池の中に潜ってろ”と言われました。“よーい、スタート!”って言ったらしいんですけど、全然聞こえなくて、死ぬ寸前に出てきたんです。そしたらみんなポカンとしていたので、僕がビックリしちゃって。良い経験させていただきました」と笑った。

アヤカちゃん然り、阿部さん然り。中島監督はもしかして鬼監督かと思いきや、柔和な笑顔で「とにかくいまはもう、ここに並んでいただいている出演者のみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです」と、感動した様子で挨拶。「最後の劇団(ひとり)さんの車いすのシーンですね。劇団さんは片手を縛られていて、正しく操作できなかったらしくて…。僕の演出としては、みんなで集まるシーンなので、ちょっとだけ前に出てくれと言ったんですが、気が付けばグルグル回り出して、最終的には完全にカメラ前に一人でいたんですよ。ものすごくシリアスなシーンなのに、腹を抱えて笑いそうになりました」と、爆笑エピソードを語った。

最後に役所さんの「中島哲也という素晴らしい監督の下でこんなにステキな俳優さんたちと仕事ができて、この作品は自分にとっても大切な映画です。普遍的な優しいテーマがありますので、本当に心から一人でもたくさんの人にこの映画を観ていただきたいと思います」というメッセージで舞台挨拶は幕を閉じた。

『パコと魔法の絵本』は、全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top