妊娠報道の渦中のチャン・ツィイーも出席 伝説の京劇俳優を描いた『花の生涯』会見

最新ニュース

男形を演じる女優役に挑戦したチャン・ツィイー
  • 男形を演じる女優役に挑戦したチャン・ツィイー
いまは亡き香港のトップスター、レスリー・チャンの圧倒的な美を称え、1993年度カンヌ国際映画祭で最高賞に輝いた、香港映画の金字塔『さらば、わが愛 覇王別姫』から15年。名匠チェン・カイコーが主演にレオン・ライ、チャン・ツィイーという中国二大俳優を迎え、再び京劇を題材に描く『花の生涯 〜梅蘭芳〜』が2009年3月7日(土)より公開される。本国では『レッドクリフ Part I』を上回るヒットが期待される中、12月2日(火)、北京にて記者会見が行われ、チェン・カイコー監督をはじめ、先日、中国国内で「妊娠か?」との報道がなされたチャン・ツィイー、レオン・ライ、そして新星俳優のユィ・シャオ・チュンが出席した。

中国の人々を虜にした、伝説の京劇俳優・梅蘭芳の壮絶な人生を描いた本作。彼の愛人であり、男形を演じる女優という新たな役柄に挑戦したチャン・ツィイーは、「自分でも演じていてとても気持ちが良かったです。この役を研究しているうちに、役のことをとても愛してしまいました。こんなに素晴らしい人物に出会えるチャンスをくれた監督に感謝してます」と、役との出会いの感動を口にした。

本国では偉人として称えられる梅蘭芳を演じたレオン・ライは、「彼は元々とても穏やかな心で、いろいろなことと闘ってきた人です。その生き方こそが梅蘭芳の情熱の形なのだと思います」と尊敬の念を口にした。

チェン・カイコー監督は、作品について「この映画で一番感動的なのは、一つの国が、(戦争など)いろいろな問題に直面したときに、みんなで立ち向かっていくところ」と説明。また、この日会場に登場した、レオン・ライの歌声の吹き替えを担当した梅蘭芳の実の息子に感謝を述べた。

そして、監督にその才能を見出され、青年時代の梅蘭芳役に大抜擢されたユィ・シャオチュンは、役作りの難しさを告白し「でもそんなとき、いつも監督に助けてもらいました。監督には『初めは自分自身が満足する演技を心がければいい。それがお客さんが満足することにつながる』と言われました。監督に対しては感謝の言葉しか思い浮かばないです」と、名匠の下での仕事の喜びを語った。

ちなみに本作には、中国のトップ俳優と肩を並べ、日本から安藤政信も参加しているので、こちらの共演にもご注目! 『花の生涯 〜梅蘭芳〜』は2009年3月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top