大人気ポッキープリンセス・忽那汐里、難病ヒロイン役で池松壮亮&大泉洋と共演

最新ニュース

『半分の月がのぼる空』  -(C) HANBUN NO TSUKI GA NOBORU SORA.ALL RIGHTS RESERVED
  • 『半分の月がのぼる空』  -(C) HANBUN NO TSUKI GA NOBORU SORA.ALL RIGHTS RESERVED
2003年の発売以来、圧倒的な共感を得て、現在までに140万部を超える累計発行部数を記録している橋本紡の恋愛小説「半分の月がのぼる空」が映画化される。このたび、主要キャストが発表され、主人公の純朴な高校生・裕一と心臓病を患うヒロイン・里香のカップルを、『DIVE!! ダイブ!!』の池松壮亮とポッキーのCMで人気急上昇中の忽那汐里が、そして、哀しい過去を抱えた医師・夏目を大泉洋が演じることが明かされた。

原作小説では、橋本さんの故郷である伊勢を舞台に難病に侵された少女と同じ病院に入院した少年の出会いと切なく儚い恋が綴られるが、今回の映画では、原作とは異なる物語が展開され、これまでの“難病もの”とは一線を画す仕上がりになっているとか。

キャスト陣の中でやはり注目を集めるのは、第50代ポッキープリンセスとして、はじけるような笑顔が人気の忽那汐里。CMで見せるハツラツとしたイメージを一新、幼い頃から心臓を患う少女を熱演している。忽那さんは「里香は幼い頃からずっと病気だったので、不安で仕方がない、でもちょっと強がってるところがあるような女の子の役。こういった役を演じるのは初めてのことだったので、撮影前まで本当にずっと不安な思いでいっぱいでしたが、監督と役柄についてじっくり話し合い、スタッフ、キャストのみなさんに支えられながら、本当にいい作品を作りたいという思いで撮影に取り組みました」とコメント。さらに「この役が決まったときから、大きな不安とプレッシャーでいっぱいだったので、撮影終了のときには、ホッとした思いと、現場を離れる淋しさなど、いろいろな想いがこみ上げて涙が出てしまいました。今回の役を通じて、いろいろな役を演じることの難しさ、そしてその中から多くのことを学ぶことが出来ました。自分にとっても強い思い入れのある作品です」と心の内を語っている。

監督は『60歳のラブレター』のヒットが記憶に新しい深川栄洋。ヒロイン・里香、そして忽那さんについて「病気と向き合わなくてはならない状況の少女の役は、現在に至るまでいろんな人々が演じてきました。(忽那さんは)類型的な役柄に囚われたくない僕の考えを信じて、難しい役を演じきってくれたと思っています。出会う喜び、信じる尊さ、気持ちを伝える難しさ、壁を越えるための葛藤を全身で体感してくれたのではないでしょうか」と称賛を贈り、池松さんとのフレッシュな共演についても「特殊な状況下での2人の結びつきですが、誰もが経験した淡い恋の記憶を大事に世界を作っています。多くの方が自分と重ね合わせ、2人を応援してあげたくなるのでは」と手応えを感じている様子。

大泉さんが演じる、過去に苦しみつつも、新たな一歩を踏み出そうとする医師・夏目も物語の鍵を握る重要な役柄。若い2人とどのような絡みを見せるのか注目したいところ。

さらに、若い女性を中心に高い人気を誇る阿部真央が主題歌「15の言葉」を担当。因みに、阿部さんはかつてポッキーのCMに楽曲を提供したこともあり、“繋がり”を描く本作にピッタリの組み合わせと言えそう。

撮影は原作と同じ伊勢市でオールロケで行われ、今年の6月にクランクアップ。小説、そしてアニメでも人気を博した本作が、果たしてスクリーンでどのような物語となっているのか? 『半分の月がのぼる空』は2010年春、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top