池松壮亮&忽那汐里のオススメ伊勢スポットは? 映画ロケ地巡りスタンプラリー実施

最新ニュース

『半分の月がのぼる空』 -(C) HANBUN NO TSUKI GA NOBORU SORA.ALL RIGHTS RESERVED
  • 『半分の月がのぼる空』 -(C) HANBUN NO TSUKI GA NOBORU SORA.ALL RIGHTS RESERVED
はるか昔、江戸時代の頃から“お伊勢参り”のために多くの人々が訪れてきた三重県・伊勢。近年では女性に人気の“パワースポット”として女性誌などでも取り上げられている同地だが、それとは別にある物語の“聖地”として脚光を浴び、若い世代を中心に彼の地を訪れる人が絶えない。その物語とは橋本紡のベストセラー「半分の月がのぼる空」(アスキー・メディアワークス電撃文庫刊)。累計140万部を突破し、いまなお重版がかかるこの恋愛小説を池松壮亮×忽那汐里というフレッシュなコンビで映画化した『半分の月がのぼる空』の撮影もまた、全編にわたって伊勢で行われたが、このたび本作のロケ地スタンプラリーが実施されることが決定! 池松さん、忽那さんの2人からメッセージも到着した。

池松さん扮する高校生の裕一と忽那さん演じる心臓病を患った少女・里香の淡い恋を描いた本作。原作者の橋本さんの出身地であり、物語の舞台でもある伊勢市の全面的なバックアップを受けて撮影が行われ、小説の世界観そのままの美しい情景がフィルムに焼き付けられている。

このたび実施されることになったスタンプラリーキャンペーンは伊勢市内のロケ地スポットを巡り、携帯電話の位置情報を送信することでスタンプを取得。新たなスタンプを手に入れるごとに本キャンペーン限定の待受画像がダウンロードできる。また、スタンプを全て取得した人の中から抽選で合計10名に池松さんと忽那さんのサイン入りプレスシート(非売品)がプレゼントされる。さらに、現地に行かずとも携帯電話のキャンペーンサイトを訪問するだけで、もれなくアニメの待受画面を手に入れることができる。

池松さんは「この映画は伊勢と共に作り上げた作品です。観光地として誰もが知る伊勢という街の側面の何気ない風景、古くから残る商店街、雰囲気ある病院、時間の流れがゆっくりに感じられるどこか懐かしい街並み、そこで育ちそこで暮らすあたたかい人々…。いままであまり知られてこなかった伊勢の風景がこの映画には沢山詰まっています。伊勢神宮や夫婦岩等、名スポットとしての伊勢はもちろん、一つの街としての伊勢の風も感じていただければと思います。オススメ場所は街そのものです!! いまから2年前、山形が『おくりびと』という映画を生みました。そして今年、伊勢から『半分の月がのぼる空』という映画が誕生しました。ぜひ一度伊勢を訪れてみて下さい。そしてこの街の美しさをスクリーンでご覧ください」とコメント。

忽那さんも「伊勢の現場は、いつも自然に囲まれていて、撮影中も癒しの元でした。夫婦岩での撮影が印象深かったです。とても素敵な場所でした。ぜひ大切な人と一緒に行ってみて下さい。この間、ずっと行きたかった伊勢神宮に初めて行きました。大きい鳥居、宇治橋、なんだか、大きなパワーに包まれた感じがしました」と伊勢の魅力を熱く語ってくれた。

こちらのキャンペーンは先日よりスタートし6月30日(水)まで実施される。映画を観る前に訪れるもよし、鑑賞後に裕一&里香になった気分で巡るもよし。携帯を片手に聖地巡礼してみては?

『半分の月がのぼる空』は4月3日(土)よりシネセゾン渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開。

「半分の月がのぼる空」ロケ地を巡るスタンプラリーキャンペーン
実施期間:2月22日(月)〜6月30日(水)
対応端末: NTTドコモ(FOMAシリーズ機種)、au(WINシリーズ機種)、SoftBank(GPS搭載の3G機種)

公式サイト:http://www.mapfan.com/mobile/news.html#20100223
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top