大森南朋インタビュー 「ハゲタカ」から「龍馬伝」へ イメージを壊すのは「楽しい」

最新ニュース

『ハゲタカ』 大森南朋インタビュー photo:Toru Hiraiwa
  • 『ハゲタカ』 大森南朋インタビュー photo:Toru Hiraiwa
  • 『ハゲタカ』 大森南朋インタビュー photo:Toru Hiraiwa
  • 『ハゲタカ』 大森南朋インタビュー photo:Toru Hiraiwa
「“当たり役”そういう捉えられ方があっても自分の中身が急成長するわけじゃない。じっくりゆっくりやるしかないです」──2007年のNHKドラマ「ハゲタカ」の主演に抜擢され、以後、映画版『ハゲタカ』('09)、『笑う警官』('09)、『ゴールデンスランバー』('10)といった骨太な社会派作品が立て続き、かと思えば『スイートリトルライズ』('10)のような恋愛ものもこなし、現在はNHK大河ドラマ「龍馬伝」のキーパーソン・武市半平太を演じている。ここ数年で俳優・大森南朋の名前が大きく羽ばたいたのは明らかだが、「じっくりゆっくり」という言葉が物語るように、彼がこれまでに出演してきた映画は70本以上、ドラマも合わせると100本以上、その積み重ねの結果がいまの大森南朋を創り上げている。そこで、大森南朋の名前を羽ばたかせるきっかけとなった主演作『ハゲタカ』について、改めてふり返ってもらった。

鷲津の人間らしさが好き

「ドラマ『ハゲタカ』のオファーが来たときにまず思ったのは、本当に自分が主役でいいのかということ。いろいろな役を演じてきたけれど、自分が主役で数字が取れると思っていなかったし、何よりも鷲津政彦のようなタイプを演じるイメージがその頃の僕には全くなく、どちらかというとぼんやりした青年、そんな役が多かった(笑)。だから、こんなふうに話題になるとは夢にも思っていなかったんです」と語る表情は、なんとも色っぽく、やわらかく、穏やかで、確かに『ハゲタカ』の鷲津のイメージとはほど遠い。けれど、いまでは鷲津のイメージが大森南朋のイメージ・キャラクターとなり、その定着したイメージを壊していくのが「楽しいです」と、いたずらっぽく笑う。

そして、企業買収の天才・鷲津を演じるにあたっては、金融業界について学ぶことはもちろん、ファンドマネージャーとして働いている人の話を聞いたりしたそうだが、途中気づいたのは知識を詰め込むよりも鷲津という男のドラマに重きを置くことだった。
「僕がどんなに金融の勉強をしたところで『ハゲタカ』のドラマ自体は変わらない気がして、人間ドラマを掘り下げる方がいいのかもしれないと思ったんです。けれど、毎回渡されるドラマの台本は(金融の専門用語を含めて)台詞が多くて(笑)。でも、その台詞をかみ砕いていく作業が鷲津というキャラクターの構築に繋がったと思います」。

そこから大森さんが受け取った鷲津の男としての魅力は「自分の信念を持って生きているところ」だと分析を続ける。
「鷲津は辛い思いをして負けかけたけれど、自分を奮い立たせてニューヨークへ行き、確信を得て日本に戻ってくる。けれど、それでもまた迷ってしまうんです。そういう人間の儚い感じというか、鷲津の人間らしさが好きなんです。まあ、ときどき強引なところもあるけれど(笑)。ドラマ、映画ともに鷲津を演じるうえで常に心に留めていたことは、やっぱり彼が背負っているものの大きさでした。悲しみを背負いながらどこまで自分が信じる正義を貫けるかということに尽きると思う。その鷲津像を大友監督と共有できたからこそ、あのドラマが出来上がったんだと思います」。

次はラブコメに挑戦してみたい!?

ドラマ「ハゲタカ」でタッグを組んだ大友啓史監督とは、その後の映画版『ハゲタカ』、大河ドラマ「龍馬伝」と続いていくわけだが、「言葉がなくても分かり合える監督と出会えたことが嬉しい」と、信頼できる監督との出会いがもたらした喜びは相当大きかったようだ。さらに、鷲津像をつかむヒントも現場で監督がさりげなく与えてくれたとエピソードを明かす。
「大友監督は、たまにカットをかけないことがあるんです。芝居はひと通り終わっているはずなのに、ずーっとカメラを回しっぱなしにしていることがあって。何か意図があると思うからこちらも止めずに演じてはいるけれど、そのシーンは決して使われることはないんです(苦笑)。でも、その時間、その空間から感じ取るものは確実にあって、その感じたものが自然と役に反映されていたんじゃないかなと」。

この大森さんの言葉から連想したのは、ジョニー・デップとティム・バートン監督の関係。彼らが互いを尊敬し合い、何度となくタッグを組み、ヒット作を連発するように、大森南朋と大友啓史監督も『ハゲタカ』、「龍馬伝」に続く作品を今後も生み出すような気が…。だからこそ聞いておきたい。「ハゲタカ」の鷲津政彦のイメージが強く定着したいま、次はどんな役柄で殻を破りたいのか。
「ラブコメ…かな(笑)。実は最近、ちょうどその話をしていたんです。アメリカのB級映画のレベルなんだけど、ちゃんと筋立った脚本で、最後に感動させてくれるラブコメが日本にもあっていいよねと。ハリウッド映画なのにそれほどお金をかけていない映画というのか。そんな映画を作れたら日本映画界はもっと面白くなると思う。だから次はラブコメに挑戦してみたいです(笑)」。

大森さんのラブコメ進出も気になるが、「えっ、あの大森南朋がラブコメ!?」というギャップを存分に味わうためにも『ハゲタカ』の鷲津役は必見!



日本映画専門チャンネル(スカパー!・ケーブルTV・ひかりTV他で放送中)で5月9日(日)ほかドラマ版と映画版の『ハゲタカ』を完全放送

日本映画専門チャンネル
公式サイト:http://www.nihon-eiga.com/
《photo:Toru Hiraiwa / text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top