『きな子』夏帆インタビュー 犬に苦労し、犬に癒された1か月半

最新ニュース

『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』 夏帆 photo:Ryusuke Suzuki
「元々、犬は好きだったんですけど、飼ったことがなくて…」と笑顔で語る夏帆。映画を通じてめでたく、願望がひとつ叶ったわけだが、彼女が演じたのは単なる飼い主ではなく、見習いと言えど警察犬の訓練士。時に厳しく接することも求められる立場であり、演じる上で難しさもあっただろうが、「でも、苦労させられつつ、犬に癒されました」と満面の笑みを浮かべた。映画『きな子〜見習い警察犬の物語〜』は、見習い訓練士の少女・杏子(夏帆さん)とドジな見習い警察犬・きな子が少しずつ、絆を育んでいく姿を描いた作品。「動物映画にハズレなし」とはよく言ったもので、例に漏れず本作も、杏子ときな子の交流が温かい感動を呼ぶ。映画の公開を前に彼女に話を聞いた。

まずは犬のきな子(※劇中に登場する犬も、実在のモデルと同じ“きな子”と名付けられ育てられた)との共演について。やはり、通常の撮影とは異なる難しさがあった模様。
「まず、身近に犬がいた経験がこれまでなかったので、最初はきな子を目の前にしても、どう接していいのか? どうなでればいいのかも分からない状態でしたね。だから、とにかく撮影中はなるべく一緒にいる時間を作ることを心がけました。現場が全て犬を中心に回っていくというのももちろん初めての経験で、やはり難しさはありました。でも実際、1か月半の撮影の中できな子がどんどん変わっていくんですよ! 最初はカメラの前で落ち着かなかったのに、だんだん動じなくなって、監督の声にも反応するようになる。そういう変化を目の当たりにして『すごいな!』って思いましたね。撮影後? やっぱり寂しかったです…(苦笑)。1か月半、毎日会ってたのに急に会わなくなったので」。

特に大変だったと夏帆さんがふり返るのが、物語の後半、嵐の山の中のシーン。
「あのシーンは1週間ほどずっと雨の中での撮影で、まず体力勝負でした! 常に走っていたので筋肉痛が取れなくて…(笑)。きな子も同じように走ってばかりだったので、あのシーンの撮影が終わったら心なしかほっそりしたように見えて『あぁ、きな子も大変だったんだな』って思いました」。

きな子の愛らしさはもちろんだが、時に挫折を味わいつつ、夢に向かって歩み続ける杏子の姿も観る者の心を打つ。杏子という女の子について、自身と重ね合わせながらこう語る。
「杏子はとにかく一直線で、みんなから愛される子ですよね。演じる上では、映画をご覧になる方にも愛される杏子でありたい、と思ってました。私自身、新しい作品に挑むたびに毎回、壁にぶつかってます(苦笑)。でも、そこは自分なりに『やらなきゃ』という思いで頑張っています。杏子は小さい頃から犬の訓練士に憧れてましたが、私は…全然、何も考えてなかったですね(笑)。毎日、遊ぶことばかり考えてました…」。

映画では寺脇康文さんが訓練所の所長を演じており、杏子にとっては父のような存在だが、実際の現場では…?
「寺脇さんがいてくださると、現場がすごく明るくなるんです。撮影ってやっぱり夜になるにつれてスタッフさんも役者も疲れてきてしまうんですが、そういう中で面白いことを言ってくださったりして、現場を盛り上げてくださって。寺脇さんが来ると、現場の空気がリフレッシュされるようでした」。

撮影が行われたのは香川。夏帆さん自身は東京出身だが「田舎出身の女の子の役が多いんです」と笑いつつ、今後についてこんな話も。
「常に、自分のイメージとは違う役をやっていきたいという気持ちはあります。それってすごく難しいことでもあるんですが、頑張ってやりたいと思ってます」。

さらに「大きな目標というよりは、いまは目の前の仕事を丁寧に、という感じです。日々、成長していきたいと強く感じています」とも。おっとりした、優しい口調ながら、そこには彼女の強い決意が垣間見えた。

《photo:Ryusuke Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top