ジュリア 浴衣風ドレスで日本の“夏祭り初体験”

最新ニュース

『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『食べて、祈って、恋をして』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
最新主演映画『食べて、祈って、恋をして』(ライアン・マーフィー監督)のPRで初来日中のジュリア・ロバーツが8月19日(木)、東京・六本木ヒルズ内アリーナで行われた、本作のジャパン・プレミアに、自前の“浴衣風”アンティークドレスで出席。櫓付きステージに立ち、日本の“夏祭りデビュー”した。

配給元ソニー・ピクチャーズは、ちょうど夏祭りシーズンとあって、初来日のジュリアに日本の夏祭りムードを味わってもらう狙いで、櫓付き特設ステージと和太鼓チームを配置し、女性ファン約200人を浴衣姿で来場させるなどして、夏祭りを“再現”。それに合わせてか、ジュリアも浴衣風のゴールドのドレスで登場。ファン約1,500人を魅了した。

約20分遅れで会場に到着、場内に敷かれた約100メートルのレッドカーペット上を約20分かけて歩き、サインなどのファンサービスに勤しんだ。その間に受けたテレビ媒体のインタビューでは、「子供たちへのお土産を買った」などと話したという。

櫓付きステージに上がると、ジュリアは「こんなにたくさん集まってくれて嬉しいです。しかも、みんなカメラを持ってきてくれて」とちょっぴり苦笑い。通常、恒例の報道陣向けのフォトセッションも、この日はジュリアの要望でナシとされ「撮られることが少し苦手なようです」と関係者。

とはいえファンから「ジュリア〜!」の大声援を浴びると、ゴキゲンな様子で持ち前のチャーミングな笑顔を振りまきつつ「映画を観るのを止めて、みんなでカラオケに行きましょう!」とユーモアを利かせたメッセージ。会場を沸かせた。

ステージ上では一緒に来日中の同作の女性プロデューサー、デデ・ガードナーと終始、手をしっかり握り合ったまま。ジュリアから「プロデューサーで親友です。いま『死んでもいいわ』と言っています」と紹介されたデデさんは「こんなにかわいい子たちがいっぱい集まったのを見るのは初めてよ」とプレミアの盛況ぶりを喜んでいた。

ジュリアは17日(火)〜23日(月)の日本滞在中、最初の3日間で約30媒体のインタビューに稼働。明日20日(金)からは、同伴来日中の夫でカメラマンのダニエル・モダー氏と「神戸牛を食べに関西方面へ行く予定」(同社関係者)など、プライベートタイムを過ごすという。本作のワールドキャンペーンは、日本が最初の地で、この後、ヨーロッパを訪れる予定。

『食べて、祈って、恋をして』は9月17日(土)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top