溝端淳平 鳥越俊太郎に触発され「チャリティ伝えるのも俳優の使命」

最新ニュース

『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』チャリティ・トークイベント photo:Yoko Saito
映画『君が踊る、夏』(香月秀之監督)のがん克服をテーマにしたチャリティ・トークイベントが9月8日(水)、東京・銀座の東映本社で行われ、主演の溝端淳平、共演の子役・大森絢音、ジャーナリストの鳥越俊太郎が出席した。

実話を基に、東京から故郷の高知に一時帰京した青年・新平(溝端さん)が、元恋人の妹で小児がんを発病しながら「よさこいを一緒に踊りたい」と願う少女・さくら(大森さん)の思いに応えるため、よさこい踊りに情熱をぶつける姿を描く物語。

テーマにちなみイベントは、財団法人「がんの子供を守る会」とコラボレーションしたもの。2005年からがんとの闘病歴を持つ鳥越さんは、「4回もがんの手術をして依然、元気でいるので、『ぜひ観てください』とお誘いがあり、喜んで観た」と挨拶し、午後5時半過ぎからのイベントと、自身がテレビ朝日系の朝の情報番組「スーパーモーニング」のレギュラーを務めていることを引き合いに「朝が早いので普段、大体寝ようかな? って時間帯で夕方は仕事を入れないようにしていますが、今日は特別。命に関わる内容ですから、私が来ないとダメだろうと思い、来させていただいた」とジャーナリストらしい使命感を軽快な調子で口にし、場を和ませた。

同作の感想を司会者から求められると「非常に爽やかで心が洗われ、励まされた」と柔和な笑顔。「人間には免疫力があり、私は高いステージで保っている。それは楽しいこと、やりたいことがあるから。さくらちゃんの場合も、よさこいを踊りたいという一途な思いが免疫力を高めている。私は今年70になりましたけど、やってこなかったことをやろうと思う」と観客約50人へ力強く語りかけた。

同作の公開劇場には、同財団が設立したゴールドリボン基金への募金箱が設置される予定。鳥越さんの話に真摯に聞き入りつつ溝端さんは「チャリティってあまり参加したことがなかったけど、こういうことを伝えるのは俳優としての使命だと思う。やりがいのある仕事だと改めて思った。この映画でチャリティの後押しができれば」と“使命感”をかみしめていた。

映画『君が踊る、夏』は9月11日(土)より全国東映系にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top