矢田亜希子、出産後初の5年ぶり主演ドラマで母親役! 出産シーンでは思い重ね涙

最新ニュース

「空にいちばん近い幸せ」
  • 「空にいちばん近い幸せ」
  • 「空にいちばん近い幸せ」
矢田亜希子が5年ぶりの主演ドラマとなる携帯配信作品「空にいちばん近い幸せ〜映画『ジーン・ワルツ』 ANOTHER STORY〜」で母親役に初めて挑戦することが明らかになった。

本作はKDDIがauユーザー向けに配信する「LISMOドラマ」の第19弾に当たる作品で、タイトルにもあるように、来年2月に公開される映画『ジーン・ワルツ』から派生した物語。『ジーン・ワルツ』『チーム・バチスタの栄光』『ジェネラル・ルージュの凱旋』などの原作者として知られる海堂尊の小説を映画化したミステリー作品。出産にまつわる禁断の治療法を通して現代の産科医療の闇に切り込んでおり、菅野美穂が主人公の天才女医を演じている。

この『ジーン・ワルツ』のスタッフが「医学・医療の視点だけでなく、母親、家族の目線から『ジーン・ワルツ』の感動をドラマにしたい」と考え、今回のアナザー・ストーリー「空にいちばん近い幸せ」が誕生した。矢田さんは、強く望まれながらも、この世に生を享けることができなかった命と向き合い、家族と共に悲しみを乗り越える砂羽(さわ)を演じている。砂羽の夫役を演じるのは「TEAM NACS」の安田顕。『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』の永田琴監督が演出、脚本を手掛ける。

矢田さんからは今回の決定に際し「本作のテーマでもある“子供が普通に生まれてくること、生命の誕生の奇跡”は私自身が妊娠していたときに考えていたことでした。妊娠したときは自分の子供に会えるのが本当に楽しみでした。その一方で、ちゃんと出産ができるのか? 子供を育てることができるのか? という不安もありました。私が演じた砂羽にもその両方の気持ちがしっかりと描かれていて、すんなりと砂羽に共感することができました。母親役も初めてですし、出産シーンを演じたのも初めてでした。自分がまた出産している気になってしまいました。砂羽は出産直後に最愛の息子を失うという辛い思いをします。そのシーンは、私も本当に辛くなって涙が止まらなくなってしまいました。自分の子供が健康で、毎日、成長していること、そして自分がいま、生きていること。そのこと自体が奇跡だと、その奇跡に感謝しなければと改めて思わせてくれる作品です」とのコメントを寄せてくれた。

“母親”矢田亜希子の表情に注目の「空にいちばん近い幸せ〜映画『ジーン・ワルツ』 ANOTHER STORY〜」は12月3日(金)より配信開始(全5回)。映画『ジーン・ワルツ』は2011年2月5日(土)より全国にて公開。

LISMOドラマ公式サイトhttp://lismo-drama.jp/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top