菅野美穂 「シビアな面を知り、改めて赤ちゃんを産みたいと思った」

最新ニュース

『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ジーン・ワルツ』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『ジーン・ワルツ』(大谷健太郎監督)の初日舞台挨拶が2月5日(土)、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ、主演の菅野美穂、共演の田辺誠一、原作者の作家で病理医の海堂尊氏らが出席した。  

大学病院を舞台に顕微授精のスペシャリストの産婦人科医、曾根崎理恵(菅野さん)の国家の医療体制に反発する戦いを通じ、代理母出産など日本の産婦人科医療の現実を描く医療ミステリー。  

命を扱ったデリケートなテーマに菅野さんは「いま30代で、いつか母親になりたいと思っている。こういうタイミングで、こういう映画に参加させていただき幸運でした」と深い関心を持って捉えた様子。「出産のいいところだけ見て夢のように産みたいと思っていましたが、産科医療がどれだけ大変か、胎児が10か月体内にいる間にどういうことが起こりうるかシビアな面も知って、だからこそ赤ちゃんを抱っこできる喜びを知り得るとわかった。改めて赤ちゃんを産みたいと思いました」と強い母親願望を口にした。  

一方の田辺さんは、大学病院で理恵の上司にあたるエリート医師役。劇中では、さまざまな事情を抱えながら出産に立ち向かおうとする女性たちが登場しており「いろいろな生き方の女性を見て、女性は命がけで“命”を産むんだと、感動しました」としみじみ。また長年の不妊治療の末に39歳で妊娠をした荒木浩子役の南果歩は、出産シーンをふり返り「美術さんが新生児ロボっていうのを作ってくれて、何体かあったんですが、やっぱりウチの子が一番かわいい! と思って、親バカでした」と実生活でも母親だけに出産に思い入れもひとしおの様子で、観客の笑いを誘った。    

『ジーン・ワルツ』は全国にて公開中。



特集「『ジーン・ワルツ』 現場が伝える女性の『生き方』&『働き方』」
http://www.cinemacafe.net/ad/gene/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top