ラッセル・クロウ パパになり初来日「父になったことは人生で最も素晴らしい」

最新ニュース

『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 神田うのから破魔矢を受け取るラッセル・クロウ photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ロビン・フッド』ラッセル・クロウ来日記者会見 photo:Yoko Saito
ラッセル・クロウが11月24日(水)、東京・港区のザ・リッツ・カールトン東京で行われた最新主演映画『ロビン・フッド』(リドリー・スコット監督)の来日会見に、共演者でプライベートでも仲の良いカナダ人俳優ケヴィン・デュランドと共に出席した。

ラッセルにとって8年ぶり2度目の来日で、2003年にオーストラリア人のダニエラ・スペンサーと結婚して2児の父となってからは初めて。「結婚し、2人の子供の父親になったことは、人生で最も素晴らしい出来事だ。妻とは元々1989年に出会い、友達だったけど2003年に結婚した。ハネムーンで最初の子チャーリーができていま6歳、もうすぐ7歳になる。次男のテニソンは4歳だよ」とパパの顔を全開にした。
 
質疑応答の後、花束プレゼンターとして神田うのが来場。伝説の義賊ロビン・フッドの闘いを描いた本作をいち早く観ており「すごい世界観ですね!」と絶賛すると、ラッセルは「作品のことをそう言ってくれると嬉しいよ」とニッコリ。今回の来日でやりたいことは? と聞かれると、「過去の来日では夜のフライトだったので東京については夜のレストランしか知らなかったけど、今回は昨日来日して、オフにしたんだ。ケヴィンと朝11時にホテルを出て、戻ったのは18時だった。いろいろ歩いて初めて東京を体験できた」と満足げ。

六本木、浅草などで街歩き、ショッピングを楽しみ(本作宣伝担当)、「いろいろなお店を回ったから、今年のクリスマスに妻は日本から届くプレゼントをたくさん受け取ることになるだろう。子供たちもキディランドから受け取る予定だよ。でも説明書が日本語だから、組み立てられるか心配…」と“親バカ”ぶりをのぞかせた。うのさんから、劇中の内容にちなみ、深川不動堂で祈願されたという大きな破魔矢を手渡されると、自身がオーナーを務めるオーストラリアのラグビーチーム「Rabbitohs」のキャップをお返しでプレゼントした。ケヴィンからも同じものをもらったうのさんは「2個もらっちゃった!」と大喜びだった。

映画『ロビン・フッド』は12月10日(金)より全国にて公開。
 
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top