三浦友和 妻、山口百恵への愛情を表現「せっかく出会った人をホント大事にしないと」

最新ニュース

『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
  • 『死にゆく妻との旅路』トークイベント photo:Yoko Saito
俳優の三浦友和が夫婦の日にあたる2月22日(火)、東京・中央区のヒューマントラストシネマ有楽町で行われた主演映画『死にゆく妻との旅路』(塙幸成監督)のトークイベント付き試写会にゲストで出席。元歌手で女優の妻、山口百恵さんとの現在の夫婦関係について語った。

末期がんの妻と約9か月間、ワゴン車で日本各地を旅した後に看取り、保護責任者遺棄致死で逮捕された清水久典さんの実話を綴った手記を映画化したもの。清水さんの役を演じた三浦さんは、司会者から「奥様との関係を見つめ直すきっかけになった?」と聞かれると、「なりましたね。奇跡的な出会いという台詞が出てきますが、そうだと思います。地上に60億以上の人がいて、10代、20代の頃はこんなに女性がいたら選べないよね、とか言っていましたけど、そういうことを超えて結びつき結婚したんですよね」としみじみ。「せっかく出会った人をホント大事にしないと、と痛切に思いました。普段から大事にはしているんですけどね」と百恵さんへの深い愛情をのぞかせた。

現在59歳で「あと1年くらいで還暦で、そんなに長く生きられないんだな」と苦笑い。「子供たちは巣立っていった感じですし、これから2人でどう過ごしていくか、話し合っている訳ではないけど、感覚としてそういうことを感じ合っていると思います」と言葉に思いを込めた。

観賞後の観客数人から感想が述べられる中、その内のひとりが清水さんが罪に問われたことについて「いいとか悪いとか言えることではないと思います」と述べると、「そうだと思います」と真摯に自身の意見を述べるひと幕も。「いろいろな受け取り方があって、この清水さんの妻の生き方が分からないと言う方もいれば、幸せだと思うと言う方も。いろいろなご意見があるのは監督の狙い通り。この作品は本当に夫婦で観てもらって、夫婦のあり方について考えてもらえれば」と真摯に呼びかけていた。

映画『死にゆく妻との旅路』は2月26日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top