石田ゆり子、夫から妻への手紙に「うらやましい」と結婚願望が燃え上がる…?

最新ニュース

『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
  • 『死にゆく妻との旅路』初日舞台挨拶
映画『死にゆく妻との旅路』が2月26日(土)に公開を迎え、主演の三浦友和、石田ゆり子に塙幸成監督が都内劇場での舞台挨拶に登壇した。

実話を基に、借金を背負った夫と末期がんの妻の272日、6,000キロにおよぶ車での旅路を描く本作。三浦さんは満員の客席に目をやり「ずっと寝ていたい土曜日にこうして来ていただいて感無量です」と笑顔で挨拶。石田さんも「本当にいろんなことがあったので…感無量です」と公開を迎えた喜びを語った。

低予算のロードムービーということで、スタッフが車を運転し、鳥取、姫路、明石などを1日の強行スケジュールで回り、撮影が進められたとのことだが、三浦さんは各地での撮影を「それぞれ思い出深いです。土日の高速道路が千円の日に行きましたね(笑)。(土日で)観光客が多くて、姫路城ではちょっと大変でしたね」とふり返った。

石田さんは「私は結婚していないので『奥さんの空気をどう出したらいいか?』と…。しかも、孫までいるのは初めてで、戸惑いました」と苦労を明かしつつ「素敵な友和さんとずっと一緒にいられて嬉しかったです」と笑顔を見せた。劇中、三浦さんが車の中で石田さんを介護するシーンもあるが、三浦さんが「(石田さんに)頭の扱いが乱暴と怒られた」と明かす一幕も。

この日は、映画の原作となった手記の作者である清水久典さんが、亡くなられた妻のひとみさんに宛てて書いた手紙、さらに公開前に映画を鑑賞した観客のひとりが妻に描いた手紙が三浦さんと石田さんから紹介されたが、清水さんの「いつでも会うことができるよ。ずっとひとみに生かされているよ。ありがとう、がんばるよ」という言葉に2人とも感動した様子。さらに、もう一通の中で書かれた、「結婚10周年にありがとうを10回言わせてほしい。50周年には50回言いたいけど、もし数が数えられなくなっていたら、君の指を貸してほしい」という内容に、石田さんは「(こういう言葉を)言われてみたい。奥様がうらやましい」と漏らした。

三浦さんは劇中、妻が夫に「名前で呼んでほしい」とお願いするシーンに言及。「女性はそう思う方が多いみたいですね」としみじみ語るも、「まあ、かといって僕は呼ばないんですが」とケロッとした表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

『死にゆく妻との旅路』はヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top