押井守監督、3D作品に辛口評価も! 3D映画の今後を熱弁

最新ニュース

「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」授賞式イベント
  • 「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」授賞式イベント
  • 「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」授賞式イベント
  • 「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」授賞式イベント
  • 「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」授賞式イベント
先日より開催中の、アジア最大のショートフィルムの祭典「ショート ショート フィルム フェスティバル & アジア 2011」。今年、シャープとのコラボレーションにより誕生した「シャープ スマートフォン 3Dコンテスト」の授賞式イベントが6月24日(金)、特別審査委員の押井守らが出席して開催された。

映画祭の中で今年から新設された「3D部門」の上映イベントの中で開催されたこちらのイベント。コンテストには、CGによる3D作品が数多く集まり、事務局による選考と一般投票を経て、押井監督と慶応大学大学院の稲蔭正彦教授、CGデザイナーの富岡聡の最終審査によって、特別賞並びに優秀賞、最優秀賞が決定した。

審査もスマートフォンで映像を見ながら、となったがほかの映画祭の審査とは勝手が違ったようで、押井さんは「映画の審査というよりも、外から見たら大人がゲームやってるみたいに見えたと思う。手のひらに乗るだけで、映像というのは変わるものなんだと感じた」と感想を語った。

富岡さんも集められたスマートフォンによる作品について「こんな小さなものに、世界観や奥行きが生じるんですね。何かに似てる、と思ったんですが“絵本”のようなんです。大きなスクリーンで見る世界観と身近に感じる世界観は違う。作り手として考えを改めて、小さなメディアに合った世界観を考えていかなければ」と審査を通して感じた思いを明かした。

押井さんはさらに「映画を作るのとは感覚が違う。手でひねって何かを作るような…映像自体がオブジェのようですね。立体的な造形物など、自分が好きな形を作るというところから始めたら面白いかもしれませんね」と意欲を見せた。もっとも、押井監督はすでに3Dの新作の構想を進めているようで「いまここで話すとヤバい」と苦笑い。「いろんな作品が3Dで公開されたけど、ぶっちゃけ『アバタ—』だけでしたから」と厳しい評価も。「ディテールで勝負する自分の仕事とどう結び付けていくか」と課題も口にした。

この日、優秀作品に選ばれた2作の監督には賞金30万円が、そして最優秀賞の監督には100万円が贈呈されたが、押井さんは「これから何をするかが大切だと思います。賞を取った後の方がある意味で大変です」と説き、これからクリエイターを目指す人々に向けても「まず目の前の誰かを面白がらせることから始めてみては」と呼びかけた。

なお、最優秀賞と優秀賞を受賞した3作は、正式に3D部門の候補作としてノミネートされる。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」は6月16日(木)〜19日(日)まで表参道ヒルズスペース オーにて、6月22日(水)〜26日(日)までラフォーレミュージアム原宿ほか各所にて開催。

特集「ショート ショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」
http://www.cinemacafe.net/special/ssff2011
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top