『トランスフォーマー3』監督&キャストが来日 関西弁で挨拶!

最新ニュース

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』来日会見
世界的大ヒットシリーズの第3弾『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の監督マイケル・ベイと主演のシャイア・ラブーフ、新ヒロインのロージー・ハンティントン=ホワイトリーが来日。7月16日(土)、大阪市内のホテルで記者会見に臨んだ。

史上最速となる公開でわずか9日間で全世界で5億ドルを突破し、すでに7億ドル超を稼ぎ出している今回の最新作。トランスフォーマーたちの地球来襲の真実が明かされる。

3月11日の東日本大震災発生以降、海外作品、特にハリウッド作品の監督や俳優陣の来日はほとんどなくなっていたが、今回、監督、主演、ヒロインが揃って来日とあって、多くの報道陣が詰めかけた。

3人はこの日の深夜に到着したばかりだが、疲れた様子も見せずに笑顔で登場。ベイ監督は「日本には18年前から何度も訪れています。3月11日の震災の際にはニュースを見て心を痛めていました。ですが、日本のみなさんは勇敢で粘り強い方々です。いま福島で頑張ってらっしゃる人々こそが真の英雄です」と被災者、そして危険な作業に従事する作業員を気遣った。

シャイアは「まいど!」と開口一番、大阪式の挨拶。本シリーズの世界中での大ヒットについて「(映画の基となった)おもちゃの成功がありますが、80年代生まれの僕らにとっては男モノのバービー人形みたいなものであり、『ジュラシックパーク』や『スターウォーズ』と同様に現実から逃避するのにもってこいの作品だからだと思います」と語った。また、日本の若者たちに向けた、成功をつかむためのアドバイスを求められるとシャイアはひと言「マイケル・ベイの作品に出演することだね」とユーモアたっぷりに回答し会場の笑いを誘っていた。

ロージーは、劇中の役柄同様にセクシーな衣裳でナマ美脚を披露! プライベートも含めて2度目の日本となるが「15歳のとき、初めてイギリスを飛び出して訪れたのが日本でした。こうしてもう一度日本に来られて嬉しい」と笑顔で語った。この第3作からの参加となったが「この1年は素晴らしい経験を積めました。違う自分を経験することができ、自分の中でチャレンジ精神も生まれ、いろんな人に会って刺激を受けました」と充実した表情で語った。

今回のシリーズ最新作についてシャイアは「現場で腕立てをしたりして、アドレナリンを高めて臨んだ」と作品に注ぎ込んだ並々ならぬ情熱を告白。ベイ監督も「今回はより“ハート”があり、ロボットたちのキャラクターも描かれている。批評家はマイケル・ベイを嫌うけど(笑)、ファンの反応や興行は批評家とは対極の反応を示してるだろう? 僕にとってアイドルであるジェームズ・キャメロンが映画を観て『これはエピックだ』と言ってくれたときは本当に嬉しかったよ。批評家なんて…いや、批評家の存在も大事だ(笑)。とにかく、尊敬する人にそういう言葉をいただけて最高だった」と満足げな表情。会見場にそびえ立つ2体の巨大なロボット(バンブルビー&オプティマス プライム)の模型がたいそう気に入ったようで「会見が終わったらこれを買いたいな(笑)」とご機嫌だった。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は7月29日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top