マイケル・ベイ、次作では大阪の街を破壊? 「市長の許可は取った!」

最新ニュース

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ジャパン・プレミア
映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のジャパン・プレミアが7月16日(土)、大阪市役所および、大阪市内の劇場で開催され、マイケル・ベイ監督、主演のシャイア・ラブーフ、ヒロインのロージー・ハンティントン=ホワイトリーが大阪のファンの熱烈な歓迎を受けた。

日本発で人気を博したおもちゃを基に映画化され、世界的大ヒットを記録している人気シリーズの最新第3弾。これまで、モスクワやニューヨークでプレミアイベントが開催されてきたが、ワールドツアーの最終到着地は大阪。この日の深夜3時に到着したシャイアらは、日中は記者会見に臨んだほか、インタビュー取材を精力的にこなし、夜はこのジャパン・プレミアに出席。大阪市役所前に敷かれたレッドカーペットを歩き、平松邦夫大阪市長の元を訪問。その後、先日オープンしたばかりの大阪駅の駅ビル内の「大阪ステーションシティシネマ」で舞台挨拶を行った。

シャイアは覚えたての大阪弁で「毎度! おおきに」と挨拶し大阪のファンの心をわしづかみ。ロージーも「私はロージーです。お元気ですか?」と流暢な日本語を披露した。監督もシャイアも、初めての大阪がたいそう気に入った様子で「東京とまた違って良いですね。カリフォルニアっぽいゆったりした雰囲気がある」とシャイアが言えば、監督は「大阪の道は素晴らしい。L.A.の道はひどいので、大阪の業者に作ってほしい」とニッコリ。

映画で戦闘シーンの舞台となっているのはシカゴ。市の全面協力を受けて交通封鎖なども行われ、大迫力の戦闘シーンが展開する。平松大阪市長からは監督に「ぜひ、大阪で新しい映画を作ってほしい」とラブコールが送られたが、監督は「許可をもらえれば撮りますよ。大阪の街をぶち壊すことになりそうですが(笑)」とユーモアたっぷりに答え、舞台挨拶でも「大阪市長から許可はいただきました」といたずらっぽく語った。

シャイアは第1作から4年にわたってシリーズに携わってきたが、「初めてマイケル・ベイに会ったとき、僕はまだ背が低くてやせたが、アクション映画に出たいというやる気は満々の少年だった。マイケル・ベイのおかげでここまで来れた」と感慨深げ。本作からの参加となったロージーもこの1年を「めまぐるしく、また幸運に恵まれた1年でした」とふり返り、改めて「この場を借りて、マイケル・ベイとシャイアにお礼が言いたい」と感謝を口にした。

舞台挨拶終了後も、シャイアらは熱狂的なファンに囲まれ、笑顔で握手やサインの要望に応えていた。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は7月29日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top