『冷たい熱帯魚』の衝撃再び? 『ヒミズ』に吹越満、でんでんら“園組”が勢揃い

最新ニュース

『ヒミズ』 -(C) 「ヒミズ」フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 「ヒミズ」フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 『ヒミズ』 -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 住田祐一(染谷将太)-(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
  • 茶沢景子(二階堂ふみ) -(C) 『ヒミズ』フィルムパートナーズ
「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実の人気漫画を鬼才・園子温が実写化することで話題の『ヒミズ』。すでに出演が発表されている染谷将太、二階堂ふみに加え、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでんら“園組”のおなじみの俳優陣が出演することが明らかになった。

古谷実が一切のギャグを封印して、人間の暗部を浮かび上がらせた本作。園監督にとっても初の原作実写化となるが、原作で主人公の貸しボート屋に集まる中学校の同級生が映画では家を持たない、大人の“自由人”として描き変えられ、世の中の不条理さが、より刻銘に描き出される。

この自由人たちを演じるのが、園監督の『冷たい熱帯魚』で強烈なインパクトを残した渡辺哲と吹越満、そして監督の最新作『恋の罪』で独特の色気と存在感を放っている神楽坂恵。

さらに、染谷さん演じる主人公の住田をどん底にたたき落とすきっかけを作る父親を演じるのは、主演作『あぜ道のダンディ』が先日公開された光石研。園監督作『紀子の食卓』では、真面目だけが取り柄の主人公の父を演じたが、今回は全く違ったタイプの父親像を見せてくれそうだ。そして、住田を捨てて男と逃げる母親を、『愛のむきだし』の自由奔放な女・カオリ役で脚光を浴びた渡辺真起子。そして、二階堂さんが演じる住田の唯一の理解者である茶沢の母親という、原作にはないキャラクターを黒沢あすかが演じる。

そしてもうひとり、『冷たい熱帯魚』の冷酷な殺人犯役で映画史に残る怪演を見せたでんでんが、住田から借金を取り立てようとするヤクザの金子に扮する。

渡辺哲さんは今回の現場をふり返り「監督にどんどんひっぱってもらいました。ハードでしたが、やり終えた充実感は他にはないもので、完成がすごく楽しみです」と語る。吹越さんは、園監督からのオファーについて「園さんのご要望とあらば、いつでもどこでもなんでも、です。え? 『ヒミズ』? そりゃスゲェー!!! ってな感じでした」と述懐。現場を終えて「園さん初の“原作あり”ということですが、これがまたなんと、オリジナルではないかと思えるほどぴったりな世界観。園子温が園子温の映画を撮っていたとしか言い様がないのです。また、これはいつも感じることですが、『園子温の撮影現場』というライヴを観ているようでした」と感想を明かす。

原作の独特の世界観に園カラーが加わり、どのような化学反応が起こっているのか? 完成が待たれる。

『ヒミズ』は2012年春、シネクイントほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top