『セカンドバージン』京香&長谷川博己の最も幸せな日々をとらえた映像を独占公開

最新ニュース

『セカンドバージン』海辺のシーンより -(C) 2011映画「セカンドバージン」製作委員会
  • 『セカンドバージン』海辺のシーンより -(C) 2011映画「セカンドバージン」製作委員会
映画『セカンドバージン』で、るい(鈴木京香)と行(長谷川博己)が最も幸せな時間を過ごしたシーンの撮影の様子をとらえたメイキング映像と画像をシネマカフェ独占で公開! 幸せそうでありながらもどこか切ない、2人の大切な日々がうかがえる。

昨年、NHKで放送され大反響を呼んだ人気ドラマを映画として新たに描いた本作。京香さん演じる敏腕の出版プロデューサー・るいと長谷川さん扮する若きIT会社社長・行の17歳差の不倫愛を軸に、2人に関わる人々の愛憎や欲望、思惑が入り乱れていく。

今回、公開された映像は過去の回想シーンのひとつ。2人の生活をスタートさせたばかりのるいと行が、バイクに乗って海岸を訪れ、浜辺を歩くという2人にとって最も幸せだった頃を映し出したシーン。6月上旬にクランクインし、マレーシアや都内スタジオでの撮影を経て、国内でのロケ撮影の初日の早朝、関東近郊の某海岸にて撮影された。

誰もいない浜辺をまるで2人だけの世界のように、幸せそうな笑みを浮かべて歩くるいと行。「セカンドバージン」と言えば、激しいベッドシーンやドロドロの憎悪のぶつけ合いがイメージされがちだが、こちらのシーンでは2人が優しく寄り添い合い、「セカンドバージン」らしからぬ(?)、ラブラブな様子が描き出される。とは言いつつも、2人が幸せそうであればあるほど、爽やかさと同時にどこか切なさが感じられ、物悲しさがにじみ出てくるようにも…。

こちらの映像からもうかがえるが、撮影当日はマレーシア並み(!)の直射日光と強風に見舞われ、砂ぼこりや雲待ちのせいで撮影は再三にわたって中断した。それでもこの日は、別の場所での別シーンの撮影も控えており、早朝から午前中の間にこちらのシーンは何とか撮り終え、一行は次の撮影現場へと向かったという。

かつての幸せな日々を過ごした2人が直面する運命とは——?

なお、このたび本作のスタッフが制作現場での撮影のエピソードやこぼれ話を綴った制作日誌が開設! 国内で始まり、マレーシア、再び日本で行われた撮影の裏話がのぞけるのでこちらも要チェック!

『セカンドバージン』は9月23日(金・祝)より全国にて公開。

『セカンドバージン』制作日誌
http://blog.cinemacafe.net/secondvirgin/

※こちらの特別映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top