鈴木京香、長谷川博己の“モテキ”に太鼓判!長谷川は世界を変えることができない?

最新ニュース

『セカンドバージン』初日舞台挨拶(左から)深田恭子、長谷川博己、鈴木京香
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶(左から)深田恭子、長谷川博己、鈴木京香
  • 『セカンドバージン』 鈴木京香
  • 『セカンドバージン』 長谷川博己
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』初日舞台挨拶
17歳差の不倫愛を大胆に描き、社会現象を巻き起こしたNHKの同名ドラマを映画化した『セカンドバージン』が9月23日(金・祝)、公開初日を迎え、主演の鈴木京香を始め、長谷川博己、深田恭子、メガホンを取った黒崎博監督が東京・有楽町の丸の内ピカデリーで舞台挨拶を行った。鈴木さんは「長谷川さんの魅力が女性を惹きつけたのだと思う。長谷川さんの“モテキ”がずっと続くことを確信しています」と太鼓判。一方、長谷川さんは「僕らに世界を変えることはできません。そしていま、僕は一番のモテキです」と挨拶。同日公開されたライバル作品への宣戦布告? はたまた大人の余裕か? いずれにせよ、キャスト陣は自信満々で、強い想いをこめた本作の船出を祝した。

20代の頃に離婚して以来、出版業界でキャリア一筋に生きてきた中村るい(鈴木さん)と、17歳年下のネット証券会社社長、鈴木行(長谷川さん)の狂おしくも切ない不倫愛。そして、それを見つめる行の妻・万理江(深田さん)の嫉妬と執念をセンセーショナルに描く。完成した劇場版はドラマの最終回から5年後を舞台に、マレーシアで運命的な再会を果たしたるいと行の新たな“純愛”が紡がれる。

鈴木さんは「17歳も差があると、(恋に)飛び込むときに葛藤が生じるもの。でもいったん恋に落ちれば、年齢だとか状況なんて軽く乗り越えられるんだなって。きっとそれが愛の力なのだと思う」と持論を展開。「るいを演じることで、女性としていろんなことを思ったり、感じたりした。ぜひ女性のみなさんにも映画から何かを感じ取ってもらえれば。でも怖いから、いまは感想を聞きたくないです。追々聞かせていただければ」とお茶目な一面も見せた。

一方、長谷川さんは「おふたりに愛していただいたからこそ、行という男性が素敵に見えたんだと思う。それに俳優としても鍛えていただいた」と、鈴木さんと深田さんに最敬礼。それでも「ご一緒していると圧倒されてしまい、自分の存在がどんどん薄くなって…。まるでカゲロウになった気分でした」と本音もチラリ。

そして深田さんは「るいさんと行の愛が濃厚で、私が割って入る隙はまったく無かった」と悔しそうな表情を見せると同時に、「想いが強いからこそ、過剰な行動に出てしまうが、一途でまっすぐなところは素敵。調節が難しいってことですね」と演じた万理江に対して理解を示した。

3人の名優がぶつかり合う撮影に、黒崎監督は「楽しい現場だった。だって毎日、京香さんや深田さんに会えるんですから。それに長谷川さんはいつも足が長いなぁーって(笑)。とにかくキャストのパワーにあふれる作品」とご満悦。最後に“純愛”、さらには“情熱・大胆・勇敢”というまさに本作にふさわしい花言葉を持つなでしこの花を手に、登壇者が写真撮影を行った。

『セカンドバージン』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top