鈴木福&劇団ひとりが『ハッピーフィート2』吹き替えで親子役に!

最新ニュース

『ハッピーフィート2』声優に鈴木福&劇団ひとりが参戦!
  • 『ハッピーフィート2』声優に鈴木福&劇団ひとりが参戦!
人気子役の鈴木福が、3Dアニメーション映画『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』の日本語吹替え版で声優初挑戦! 劇団ひとりと親子役を演じることが明らかになった。

2006年のアカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した『ハッピー フィート』の続編。タップダンスの達人である皇帝ペンギンのマンブルの息子でありながらダンス嫌いのエリックが、父の姿から大切なことを学んでいく姿を描く。オリジナル版ではイライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ、ハンク・アザリア、アリシア・ムーン(P!NK)、ブラッド・ピット、マット・デイモンなど錚々たる顔ぶれが声優陣として参加しているが、このほど日本語吹き替え版キャストが明らかに。

ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ)とその主題歌で一躍、人気者になった子役の福くんだが劇場アニメーションの吹き替えは今回が初めて。初挑戦がいきなりハリウッド大作となったが、愛嬌のある優しい声が特徴の福くんが、子供ペンギンをどう表現するのか楽しみなところだ。

一方、前作では「NEWS」の手越祐也が声を演じたマンブルは今回、悩めるお父さんという役どころであり、昨年、第一子が生まれたばかりの劇団ひとりが演じることに。家庭を大切にする若いお父さんのイメージで起用が決まったが、実はひとりさんが父親役を演じるのは今回が初めて。福くんと一緒にどんな親子像を作り上げていくのか?

福くんは「動物の出てくる映画の吹き替えをやってみたかったので、すごく嬉しかったです。歌も大好きなので、楽しく歌いたいと思います! 一生懸命頑張ります!」と気合十分。ひとりさんも「自分の子供に見せられる仕事は貴重なのでありがたいです。鈴木福くんの好感度に少しでも便乗できたら幸いです」と“パパ”としての奮闘を誓う。

キュートなペンギンたちのダンスも魅力の『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』は11月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top