“ほっとけない男子”俳優No.1は岡田将生! 人気子役・鈴木福は僅差で3位

最新ニュース

『アントキノイノチ』 -(C) 「アントキノイノチ」製作委員会
  • 『アントキノイノチ』 -(C) 「アントキノイノチ」製作委員会
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 -(C) 2011「劇場版サラリーマンNEO」製作委員会
  • 『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』 -(C) 2011 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
天性の才能なのか、それとも生まれ育った環境がそうさせるのか、世の中にはなぜか母性がくすぐられる、ついつい応援してあげたくなる男子がいる。そんな“ほっとけない男子”は映画の中、そして映画の世界で活躍する男優の中にもちらほら。みなさんの心の内を調査するシネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」ではこの1か月間、ずばり「“ほっとけない男子”俳優」をテーマに投票を実施。みなさんから寄せられた投票の結果をここで発表します。

熱い接戦を見せたトップ3には、いま旬の若手男優3名が僅差で並んだ。その中で1位に輝いたのは、先日公開された映画『アントキノイノチ』や来年正月より放送されるNHK大河ドラマ「平清盛」など幅広い役柄に挑戦し、目覚しい活躍を見せる岡田将生。意外にも(?)男性票が多く、「あの“ほわほわ”した感じがどうにも気になって、ほっとけない。でも、いろいろな役どころをすんなりこなしているところを見ると、意外と器用な人なのかも…」(30代男性)、「トーク番組とかを見ていると、とても純粋で素直でチャーミング」(40代男性)との声が集まった。女性からは「寂しそうな瞳がほっとけない」(30代女性)とのコメントも。

2位には、女性票を多く集めた小池徹平がランクイン。『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』など、新人サラリーマンのイメージが定着してきている彼だが、年齢を重ねても変わらぬフレッシュさからか「何だか世話を焼きたくなるタイプ」(30代女性)、「ちょっと頼りないところがほっとけない」(20代女性)といった母性本能くすぐられる年上女性たちの票を獲得した。

続いて3位には、ランキング史上最年少の男優、鈴木福が登場! いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子子役だが「年齢を超えてこの子は世の女性の母性本能をくすぐり続けるでしょう」(40代男性)との太鼓判も。アニメーションの日本語吹替えに初挑戦した『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』では、飛ぶペンギンに憧れて大冒険に出る子ペンギン・エリック役でそのキュートな魅力を、声だけで余すところなく放っている福くん。やんちゃなエリックも福くん同様、“ほっとけない”愛すべきキャラクターです。

そして、同率で4位に並んだのがしっかり者のイメージが先行しているようにも思えるふたり、向井理と水嶋ヒロ。向井さんに対しては「しっかりしていそうなイメージだけど、理系特有の世間知らずな面がありそう」(50代女性)、水嶋さんについては「完璧なイケメンだけど、実は天然?」(50代女性)との鋭い分析がなされた理由が寄せられた。そのほか、海外の俳優を挙げる声には、『ニューイヤーズ・イブ』でベテラン女優のミシェル・ファイファーを相手に“尽くす”年下男性を演じるザック・エフロンや、俳優業から学業まで多才ぶりを発揮するジェームズ・フランコまで、意外な顔ぶれが並んだ。中でも意表をついたのは、元祖“ほっとけない男子”でいまや名匠のウディ・アレン監督。その理由は「情けなくて強がっていても哀愁があるところ」(20代女性)とのこと。衰えを知ることなく多くの女性から愛される映画を作り出せるのは、実は“ほっとけない男子”の才能に秘密があるのかも?

「ほっとけない男子俳優」ベスト5

1位:岡田将生
2位:小池徹平
3位:鈴木福
4位:向井理
4位:水嶋ヒロ

次回の「シネマカフェゴコロ ランキング5」のテーマは「理想のコンビ俳優は誰?」。こちらも是非、応募ください。

「シネマカフェゴコロ ランキング5」
http://www.cinemacafe.net/special/ranking5
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top