中越典子、役所広司との“年の差”ロマンスはあり?「そりゃ思いますよ」

最新ニュース

「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
  • 「初秋」製作発表会見
CBC開局60周年記念スペシャルドラマ「初秋」の製作発表会見が9月20日(火)、都内ホテルで行われた。原作は井上靖の「凍れる樹」(講談社刊)。京都を舞台に、男手一つで育てた娘を嫁がせた男と、謎めいた若い女性の秘めた恋模様を描く。会見には役所広司と中越典子、そして脚本と演出を務めた原田眞人監督が出席。中越さんは「役所さんと? そりゃ(恋もあると)思いますよ」と劇中の“年の差”ロマンスをうっとり肯定し、役所さんも「現実ではありえないですけど、ドラマで経験させていただき嬉しかった。撮影中は加齢臭に気をつけた」と笑いを交え、中越さんとの共演にご満悦だった。

早くに妻を亡くして以来、男手一つで娘を育て上げた父親・辰平(役所さん)は旧友の誘いで思い出の地・京都を旅することに。そこで大学院に通うかたわら京都の伝統工芸職人の手伝いをし、夜は高級クラブでバイトする27歳のベーコ(中越さん)と出会い…。原田監督と役所さんのタッグで井上靖の原作を映像化、といえば先日、第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した映画『わが母の記』が記憶に新しいが、同ドラマはその連動企画。原田監督自ら独自のアレンジを加えた脚本を執筆し、『わが母の記』同様、小津安二郎映画へのオマージュが散りばめられた。

役所さんは『わが母の記』を撮影中に、ドラマが製作されると知り「その後あれよあれよという間に実現した。映画とはまた違った雰囲気や緊張感だった」。井上文学の世界を再び演じ「セリフや映像以外からあふれ出るものが多く、ものすごく奥が深い。演じる者としてはハードルが高いです」と改めて難しさを実感した様子。それでも「原田監督は映画作りの面白さを教えてくれた人。厳しい中にも、自由でいられる現場でいつも刺激を受けている」と、いまや名コンビといっても過言ではない役所×原田監督タッグに満足げな様子だ。

一方の中越さんは原田監督とは初タッグで「ずばずば厳しく指導いただき、よく怒られたんですけど(笑)、でも自由にさせてくださるので、役者としては喜び。演技への考え方が変わる現場で、人生を変えてしまうかもしれない1週間でした」とこれまで以上に女優道に“開眼”したのだとか。原田監督も「すっぴんでナチュラル。それでいて美人。そんな中越君は本当に魅力的だった」と太鼓判を押していた。

CBC開局60周年記念スペシャルドラマ「初秋」は10月8日(土)15:00からTBS系全国28局で放送される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top