吉川・江口・香川が剣心に立ちはだかる! 『るろうに剣心』新キャスト発表第4弾

最新ニュース

『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
累計発行部数5,000万部を超える大ヒットで、TVアニメ版においても一世を風靡した人気コミックを実写映画化した『るろうに剣心』の第4弾となるキャスト陣が解禁に! 佐藤健扮する主人公・剣心のライバル役のキャスト陣がこのほど明らかとなった。

今回の実写化では、明治維新のために伝説の人斬りとして過ごした剣心が、維新以後“殺さず”の誓いをたて、町から町へ流浪の旅をしている、というところから物語が始まる。その道中、剣心が向き合っていく最強のライバルたちを演じるのが、日本エンタメ界を背負って立つ、個性あふれる面々。

まず一人目は、ただただ人を殺すことを楽しみ、己の欲望を満たすために金で人斬りを請け負っている浮浪(はぐれ)人斬り・鵜堂刃衛(うどう じんえ)。ただの殺人鬼ではなく、独自の殺しの美学を持つなど、剣心とは対照的なキャラクターを演じるのは、昨年劇場公開された映画『必死剣鳥刺し』での大殺陣の演技が記憶に新しい、吉川晃司。その圧倒的な存在感で最凶キャラをどう演じるのか期待が高まる中、ご本人からは「敵味方の分別を忘れただひたすらに斬りまくるは、己に相応しい死に場所を得る為か。その纏う寂しさに“ゾクッ”とさせられながら演じられる幸せ。奇々怪々です!」と興奮交じりのコメントが寄せられた。

また、維新時代に新政府の人斬りである剣心と対峙する旧幕府軍・新撰組三番隊組長、斉藤一には、ドラマに映画と幅広く活躍する江口洋介。維新後は明治政府の警察官となるが、剣心たちとは決して相容れない孤高のダーク・ヒーローを熱演する。「江戸時代の頃、侍は刀を魂と信じて生きていた。それが明治になり国から魂である刀を奪われた。そんな人間たちが明治という時代をどう生き抜いていくのかが、この作品には詰まっている。『るろうに剣心』を通して日本人が生きてきたルーツみたいなものを少しでもスクリーンの中から感じとってもらえればと思う」と本作について語る江口さん。本作の指揮をとる大友啓史監督とは初タッグとなるが、「いままで経験したことのない大友監督の撮影方法に新たな可能性を感じ、僕自身どう仕上がるのかがいまから楽しみでいます」と期待を寄せている。

そして三人目は、蒼井優演じる純朴な娘・高荷恵を手下として利用し、薫(武井咲)が師範代を務める「神谷道場」を乗っ取ろうとし、新政府にとって代わって自分の帝国を作ろうとする武田観柳(たけだ かんりゅう)。この悪の親玉を演じるのは、先日、45歳にして歌舞伎入りを表明したばかりの香川照之。NHK大河ドラマ「龍馬伝」に引き続く大友組での撮影を楽しんでいるようで、「監督からは『新しい悪、ただの悪ではないもの』を目指すと言われて、役作りと同時に、色々な小道具だったり、メイクだったり、髪の毛だったり、衣裳だったり、外見の造作には非常にこだわっています。観柳は自由勝手に生きた人なので、僕も作品の中で自由にふる舞えればいいなと思っています」と意気込みを語る。原作のもっている冷徹で不気味なキャラクターをどう演じるのか、また観柳邸でのガトリングガンを使用したアクションシーンが実写でどう表現されているかも、大きな見どころとなりそう。

主演・佐藤健にヒロイン・武井咲、さらに蒼井優、青木崇高などの競演キャスト決定に続く今回の発表と、少しずつ明らかとなる実写版『るろうに剣心』。現在、関西方面を中心として撮影は順調に進んでおり、11月頃にクランクアップを予定している。

『るろうに剣心』は2012年夏、公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top