美山加恋からの「お母さん」の呼びかけに優香、大感激!

最新ニュース

『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
  • 『ももへの手紙』初日舞台挨拶にて
アニメーション映画『ももへの手紙』が4月21日(土)に公開を迎え、声優を務めた美山加恋、優香、西田敏行に沖浦啓之監督が舞台挨拶に登壇した。

父を亡くし、母と共に瀬戸内海の小島に越してきた少女が、不思議な妖怪たちとの出会いを通じて父が遺した想いや母の愛を受け止めていく姿を描く。

初日を迎えることができて美山さんは「とっても嬉しいです!」と満面の笑み。声の収録が行われたのは1年半ほど前で「そのときは中学2年生で、いまは高校生ですからすごく昔にも思えるし、あっという間のような気もするし不思議な気分です」と語る。優香さんとは母娘役を演じているが「最初はお姉さんのイメージだったので不思議でしたが、声を当てていくと本当のお母さんのような温かい声で、私も本当にお母さんに接するような声でできました」と明かした。

優香さんも「小さい頃から見てきたあの子がこんなに大きくなったのか! という思いでした。女性としてキレイになっていく時期で、その成長を見ていて母親のような気持ちになりました。『お母さん』と呼んでほしいくらいの気持ちになりました」と頷く。これに美山さんが「お母さん!」と反応。優香さんも「ありがとう! 娘よ(笑)」と応じ会場は笑いに包まれた。

西田さんは妖怪・イワの声を担当したが「この前は落ち武者の幽霊だったし…」と人間以外の役ばかりが続くことに苦笑いを浮かべていた。

映画の公開を前に、物語にちなんで「父から娘への手紙キャンペーン」が行われていたが、この日は最優秀作品賞の表彰が行われ、広島県在住の佐渡泰さんが受賞。娘の仁美さんと共に登壇し、娘への手紙を朗読した。愛情あふれる手紙の内容に美山さんらキャスト陣が涙をぬぐう一幕も。西田さんは「思わず落涙してしまいました。お互いに愛し合っているのにコミュニケートできない時間というのはあるものです。僕も母を亡くしてようやくその存在、偉大さが分かった」としみじみと語った。

『ももへの手紙』は全国にて公開中。

特集:『ももへの手紙』の世界へようこそ
http://www.cinemacafe.net/ad/momo/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top