A・ガーフィールド&T・マグワイア、新旧スパイダーマンの対談が実現

最新ニュース

『アメイジング・スパイダーマン』アンドリュー・ガーフィールド@メキシコ合衆国・カンクン -(C) ロイター/AFLO
  • 『アメイジング・スパイダーマン』アンドリュー・ガーフィールド@メキシコ合衆国・カンクン -(C) ロイター/AFLO
6月30日(土)に公開を控えた『アメイジング・スパイダーマン』で主演を務めるアンドリュー・ガーフィールドと、2002年から2007年にかけて製作されたシリーズ3作でスパイダーマン=ピーター・パーカーを演じてきたトビー・マグワイアが雑誌の企画で対談した。

男性ファッション誌「V Man」の企画で実現した顔合わせで、厳密に言えば、メインはアンドリューでトビーは聞き手という立場。だが、良き先輩として彼を慕うアンドリューがアドバイスを求めるなど、和やかな対話となった。

トビーはシリーズからの降板を表明した後も、新作の動きをチェックしていたと明かした。「今回の作品の詳細が決まったとき、2つの点が特に嬉しかった。まずは監督がマーク・ウェブ(『(500)日のサマー』)に決まったこと。クールで面白いチョイスだと思った。もちろん、誰がピーター・パーカーを演じるのかも気になっていたよ。君が演じると聞いて『完璧だ!』と思った。(『アメイジング・スパイダーマン』が)素晴らしい作品になってほしかったし、アンドリューは最高の役者だと思っていたから、本当に嬉しい」と語った。

一方、アンドリューはオーディションに参加していた友人のジェイミー・ベルとスクリーン・テスト当日の夜に一緒に食事をしたエピソードを披露。「お互いにどんな作戦で臨んだか、手の内を明かしたんです。2人で話してみて、オーディションを受けた者同士で集まって話し合うのも面白いだろうなと思いました。誰かが脱いだ汗だらけのスパイダーマンのスーツを、すぐまた別の誰かが着る。そんなドタバタな状況でしたから」と笑った。

「映画が公開されたら、僕の人生は変わってしまうんじゃないか」と不安をのぞかせるアンドリューに、トビーは『スパイダーマン』公開直後に一気に注目を浴びて生活が一変、苦労した思い出を語りつつ、「君は当時の僕より心の準備ができてるみたいだね。一夜明けたら全てが激変、なんてことにならないよう願っているよ」とエールを贈った。



© ロイター/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top