渡部篤郎、自身を真似たモノマネ合戦に苦笑しながら「嬉しい」

最新ニュース

『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会(本人:渡部篤郎)
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
  • 『外事警察 その男に騙されるな』舞台挨拶@“その男たちに騙されるな”特別試写会
民間人には知らされていない現実を描いた映画『外事警察 その男に騙されるな』の特別試写会が5月21日(月)に都内ホールにて開催され、舞台挨拶に主演の渡部篤郎と渡部さんのモノマネを得意とするお笑い芸人の松村邦洋、山本高広、おおともりゅうじ、坪倉由幸(我が家)が登壇、熱いモノマネ合戦を繰り広げた。

本作は、対国際テロ捜査に奔走する“日本のCIA”警視庁公安部外事課の活躍を描いた、NHKの人気テレビドラマを映画化したサスペンス。日本のCIAと呼ばれる外事警察は、外国人によるスパイ活動やテロ活動といった日本の安全を脅かす非合法活動を未然に防ぐために存在している。

まずはお笑い芸人たちが登場し、次々に渡部さんのモノマネを披露。会場から「似てる? 似てない!」と痛烈な批判が飛び交う中、芸人たちはそれぞれが決め台詞を披露し「自分が一番似ている」と譲らない。会場がなかなか盛り上がらないので、松村さんは掛布雅之選手にビートたけし、貴乃花親方など、山本さんは織田裕二さんなど、自前の得意ネタも披露して笑いを誘った。そして、やっと会場が盛り上がったところで客席後方から渡部さんが苦笑しながら登場し、大歓声で迎えられた。本人を前に勝手にモノマネを披露していた芸人たちは「すいませんでした」と平謝り。ところが渡部さんは「嬉しいですよ。いつも楽しく見ています」と芸人たちを笑顔で労った。本人の承諾を得ずにモノマネしていた芸人たちだが、この日渡部さんから「今後もやってください」とのお墨付きをもらって大喜び。

TVドラマからの映画化である本作では、海外ロケを行うなどパワーアップ。“魔物”と呼ばれる外事捜査主任の住本健司を演じた渡部さんは「苦労して作ってきましたが、みなさんに観ていただけるだけで、全てが癒されます」と映画版の完成に喜びの表情を見せた。渡部さんはリアリズムを追求するために苦労したようだが、国益を守るためなら全てを騙すことも厭わない人物を渾身の演技で見事に演じ上げた。

ラストのどんでん返しも見どころの本作。共演者にはキム・ガンウ、真木よう子、尾野真千子、イム・ヒョンジュン、遠藤憲一、石橋凌ら多彩な顔ぶれが揃っている。監督は堀切園健太郎が務めており、韓国に実在する防空壕(ごう)でロケを敢行し、2日間40時間を費やして撮り上げたという銃撃シーンにも注目だ。

『外事警察 その男に騙されるな』は6月2日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top