堺雅人×山田孝之共演『その夜の侍』モントリオール映画祭コンペ部門に出品決定!

最新ニュース

『その夜の侍』 -(C) 2012「その夜の侍」製作委員会
  • 『その夜の侍』 -(C) 2012「その夜の侍」製作委員会
堺雅人と山田孝之をキャストに迎え、自ら書き下ろした戯曲を映画化した赤堀雅秋の初監督作『その夜の侍』。このたび、本作が8月23日(現地時間)より開幕となる第36回モントリオール世界映画祭の「ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門」に出品されることが明らかとなった。

小さな鉄工所を営む中村健一は、5年前にひき逃げ事件で妻・久子を亡くして以来、虚無感に囚われた生活を送っていた。一方、ひき逃げ犯・木島は刑期を終えて出所。しばらくすると木島の元に、“何か”をカウントダウンする匿名の脅迫状が届くようになる。送り主は中村に違いないと周りの者はそれを止めさせようとするが、久子の命日の夜、遂に2人は対峙することになる——。

本作の出品が決定した「ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門」は、世界中から選りすぐった初監督作品で競うコンペティション部門。同部門に選ばれた作品はもちろん賞の対象にもなるため、映画祭でも一際高い注目を集めている部門である。劇団「THE SHAMPOO HAT」の旗揚げ以来、全作品の作・演出・出演を担当し、その独自の世界観は“赤堀ワールド”と称され多くの支持を集めてきた赤堀監督は、初映画監督作ながらも舞台で鍛え上げた手腕で主人公・中村役の堺さん、木島役の山田さんを始め綾野剛、谷村美月、坂井真紀、安藤サクラら豪華実力派キャストの力を存分に引き出し、細部にわたってこだわりを見せ、独自の世界観を映画に注入させたようだ。今回の海外出品の決定について、当の赤堀監督は「なんかすいません…といった感じです。出品させていただくことになり、キャスト・スタッフのおかげだと思います。嬉しいです」と恐縮しつつも、その喜びを噛み締めている様子。

かつては滝田洋二郎監督が『おくりびと』でグランプリ、『悪人』の深津絵里が最優秀女優賞、『わが母の記』が審査員特別大賞受賞と、数多くの日本映画が栄えある賞を手にしてきた映画祭だけに、同じくコンペティション部門の賞レースに本作がどのように絡んでくるのか、注目が集まる。

『その夜の侍』11月17日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top