岡田准一、30歳最初の映画『天地明察』は「転機となった作品」

最新ニュース

『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
  • 『天地明察』初日舞台挨拶
映画『天地明察』が9月15日(土)に公開を迎え、主演の岡田准一(V6)を始め、宮崎あおい、横山裕(関ジャニ∞)、笠原秀幸、原作者の冲方丁、滝田洋二郎監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

本屋大賞を受賞した冲方さんの同名小説を映画化した本作。江戸時代にずれが生じ始めた暦の改革に乗り出し、幕府、そして朝廷までをも巻き込みながら生涯をかけて完成させた安井算哲の姿を描く。

舞台挨拶に先立って、映画館のある有楽町マリオン1Fの屋外スペース「ルミネパサージュ」には、劇中にも登場する天体を観測するための巨大な装置“大渾天儀”が設置され、登壇陣はお披露目セレモニーに臨んだ。

滝田監督は江戸時代のプラネタリウムとも言うべき大渾天儀を前に、「日本人は400年以上前からこれで夜空を眺めてきました。映画ではたくさんの星が出てきますが、江戸時代の星空を再現しました。プラネタリウムに行った気分で楽しんでいただければ」と語った。

続いての舞台挨拶では、映画を観終わったばかりの観客の大歓声に迎えられた岡田さんは「去年の夏の暑い撮影を思い出します」としみじみ。「僕にとっては30歳を迎えて一発目の転機となった作品で、刺激を与えていただき、勉強させていただきながら臨んだ作品です」と特別な思いを明かす。

岡田さんの妻役を演じた宮崎さんも「心を込めて作った映画で、ずっと愛してもらえる作品になってます」と笑顔で作品を送り出した。

笠原さんは真夏の撮影で公家役の衣裳に苦しんだよう。「心が折れそうになったんですが、岡田さんを見たら涼しい顔をしてて勇気をもらいました。それも2日もして見飽きたんですが、そんなときに宮崎さんが現場にいらして、おかげで最後まで乗り切ることができました」とニッコリ。

横山さんは出家した役柄ということで、劇中では坊主頭だったが「そのままコンビニに行って『どうかしたんですか?』と言われましたね(笑)」と楽しそうに撮影の日々を思い返していた。

この日は、本作に出演しており、舞台中のケガで現在療養中の市川染五郎からの手紙も届いた。ケガのために先日の完成披露舞台挨拶を欠席したことを改めて詫びると共に、本作により「日本人が上を向いて、夢を持って生きていけるようになることを願っています」とのメッセージが読み上げられた。滝田監督は「(染五郎さんは)歌舞伎界はもちろん、映画界にとっても大切な人。また一緒にお仕事したいです」と語り、岡田さんは「お世話になった先輩であり、優しく見守っていただきました」と改めて感謝の思いを口にした。

舞台挨拶の最後にもう一度マイクを握った岡田さんは「滝田組で仕事ができて幸せでした。映画が好きで映画に人生をかけているスタッフのみなさんとの仕事ができたことは僕にとって宝物になっています」と熱い思いを吐露。滝田監督は登壇陣に「最後までありがとうございました」と頭を下げると共に客席に向かって「日本映画をよろしくお願いします」と呼びかけ、会場は温かい拍手に包まれた。

『天地明察』は丸の内ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top