ジェジュン、初・釜山に大喜び デビュー作引っさげトークイベントに登場

最新ニュース

第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
  • 第17回釜山国際映画祭オープン・トークイベント
10月4日(木)より開幕中の第17回釜山国際映画祭のオープン・トークイベントに、『ジャッカルが来る』(原題)で韓国スクリーン・デビューを果たした「JYJ」のジェジュンが共演のソン・ジヒョと共に登壇し、ファンの熱烈な歓声を浴びた。

著名人を招いて釜山・海雲台ビーチの特設ステージで一般公開する形で行われるこのオープン・トークイベント。登壇前より会場には若い女性ファンを中心に大勢の人々であふれ返っており、ジェジュンが姿を表すと悲鳴に似た歓声が沸き起こった。前日の映画祭開幕イベントではタキシードで決めていたジェジュンだが、この日はリラックスした黒のコーディネートで登場。釜山映画祭に参加するのは、ソン・ジヒョ共に初めてだったが、JYJメンバーの「ジュンスとユチョンより先に釜山に来られて嬉しい」と冗談交じりに喜びを語った。

本作では、拉致されてしまう大スターを演じているジェジュン。映画について「コメディやアクションの要素もたくさんあるので、いろんな見どころがある」とアピール。また、この日はファンの要望に応えて歌声も披露し、最後までファンを熱狂させていた。

2人以外にも、オープン・トークには開幕式の司会を務めた台湾出身の女優、タン・ウェイと韓国の名優、アン・ソンギのツーショットや『会社員』(原題)を引っさげ映画祭に参加しているソ・ジソブ、『危険な関係』(原題)でチャン・ドンゴンと初共演を果たしたチャン・ツィイーらも参加し、リラックスしたスタイルでファンを喜ばせていた。

第17回釜山国際映画祭は10月13日(土)まで開幕中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top