釜山映画祭レッドカーペットで佐藤健、加瀬亮らもファンに笑顔!

最新ニュース

「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
  • 「第17回釜山国際映画祭」レッドカーペット/photo:Ayako Ishizu
アジア最大級の映画の祭典、第17回釜山国際映画祭が4日(現地時間)、韓国・釜山市で開幕した。

釜山市海雲台センタムシティに昨年、オープンした映画祭専用施設“映画の殿堂”で行われた開幕式には、アジアを代表するスターが続々と登場。現在、『王になった男』が韓国で大ヒット中のイ・ビョンホンを始め、オ・ジホ、ユ・ジテ&キム・ヒョジン夫妻、チソン、イ・ジェフン、ムン・グニョン、除隊したばかりのキム・ナムギル、「JYJ」のジェジュンら韓流スターに加え、オープニング作品に選ばれた香港の大作サスペンス映画『COLD WAR』(原題)の主演レオン・カーファイ、アーロン・クォックが、レッドカーペットを華やかに飾った。

日本からは『るろうに剣心』の佐藤健、『ライク・サムワン・イン・ラブ』の加瀬亮と高梨臨、『かぞくのくに』の井浦新らが出席。大会場の外まで埋め尽くすファンからの歓声に、みな、顔をほころばせていた。特にレッドカーペット前に詰めかけたファンの熱狂ぶりはすさまじく、一時は警察と揉み合いになるほどの加熱ぶりだった。

開幕式の司会は例年、韓国の人気俳優や監督が務めるが、今年は初めて『ラスト、コーション』『レイトオータム』で知られる中国の女優タン・ウェイが、韓国を代表する名優アン・ソンギと共に大役を果たした。またセレモニーでは、「アジアン・フィルムメーカー・オブ・ジ・イヤー」に選ばれた、日本の若松孝二監督の表彰も行われ、さらにニューカレント部門審査員を務める、チョン・ウソンと日本からは女流監督・河瀬直美も出席した。

13日までの期間中、チャン・ドンゴン、チャン・ツィイー、ソ・ジソブ、チョン・ジヒョンらアジアが誇る人気スターが続々と登場するほか、「東方神起」や「江南スタイル」が世界中でヒットしているPSYのイベントも予定されており、例年以上の盛り上がりとなりそうだ。

第17回釜山国際映画祭は10月13日(現地時間)まで開催。

《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top