• Facebook
  • Twitter
  • RSS

November 07, 2012(Wed) 11:28

SCOOP

水原希子らが理系美女に! 東野圭吾原作『プラチナデータ』新キャスト発表!

『プラチナデータ』新キャスト発表(水原希子&鈴木保奈美&杏)
  • 『プラチナデータ』新キャスト発表(水原希子&鈴木保奈美&杏)

水原希子

メッセージを送る

天才科学者の逃亡を描きながら「DNA=人の心の謎」に鋭く迫った東野圭吾原作のベストセラー小説を、『るろうに剣心』の大友啓史監督の指揮の下、「嵐」の二宮和也と豊川悦司を迎え映画化する『プラチナデータ』。このたび、水原希子、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏の脇を固める豪華キャスト陣の参加が発表された。

原作「プラチナデータ」は当初映画化を前提として執筆を開始したが、一旦は断念。その後、映画化と切り離して執筆され、2006年に「パピルス」(幻冬舎刊)にて連載開始、2010年に単行本化されるやいなや、大手映画会社やテレビ各局、制作会社など20社以上から映像化のオファーが殺到したというベストセラー小説だ。舞台は近い将来の日本。発達したDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%の社会が到来しようとしていた。その裏づけは、水面下の国家政策として集められている国民のDNAデータ「プラチナデータ」だった。主人公・神楽龍平(二宮さん)はそのDNA捜査に携わる自信家の天才科学者だが、ある日、DNA捜査のシステム開発者である兄弟が殺害され、神楽は捜査する側から一転、容疑者として追われる羽目に…。一方、この事件の捜査を任された現場叩き上げの辣腕刑事・浅間玲司(豊川さん)は、執拗に神楽を追跡していく。

今回、新たに発表された豪華キャスト陣。原作では男性の設定だった遺伝子学担当教授の水上教授は女性役へと変更となり、鈴木保奈美がキャストを務めることが決定。さらに特殊解析研究所・所長の志賀孝志役を生瀬勝久、特殊解析研究所の解析員・白鳥役には杏、天才数学者の蓼科早樹役を水原希子が演じることが明らかとなった。今回のキャスト追加発表に際し、本作のプロデューサー・澁澤氏は「鈴木保奈美さんは、ノーベル賞の山中教授よろしく遺伝子研究で世界的権威の医師を演じていますが、数々のドラマから直近の「江」、『のぼうの城』を観て、凛としながらも情が深く、知性と品格のある女性としてぴったりだと思いました。“DNAと愛”というテーマに即して原作から女性に設定変更しましたが先日、試写で映画を観た東野圭吾さんも大変満足されており、お墨付きをもらえたのではと思っています」とホッと胸をなで下ろしているようだ。

日本のエンターテイメント界を牽引するスタッフ・キャストが集結した本作。ベストセラー作家・東野さんと豪華キャスト陣の“化学反応”に期待がかかる。

『プラチナデータ』は2013年3月16日(土)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


特集

Copyright © IID, Inc. All rights reserved.