高橋みなみが峯岸の事件を謝罪 篠田麻里子らメンバー涙

最新ニュース

『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』初日舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』初日舞台挨拶
「AKB48」の板野友美がグループを卒業することを2月1日(金)公開の映画『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』の中で発表。上映後の舞台挨拶で改めて板野さんの口からファンに向けて説明が行われた。

映画の中で板野さんが卒業を発表するシーンは、これまでの試写会などでは「編集中」とされ伏せられており、この日の上映で初めて明かされた。報道陣に発表されたのも舞台挨拶開始の直前のタイミングとなった。

舞台挨拶では板野さんはまず一人で登壇。改めて「突然の発表になってしまったんですが私、板野友美は『AKB48』を卒業します」とファンに報告した。映画を観終わったばかりのファンは衝撃の発表に呆然。中には涙ながらに「とも、やめないで!」と叫ぶファンの姿も見られた。

今回の決断について板野さんは「(映画の中で)インタビューを受ける内に卒業への思いが強くなった」、「以前から秋元(康)先生には(卒業の意思について)話してたんですが、インタビューの中で本音が出てしまい、それを秋元先生に言ったら『分かった。いいよ』と言っていただきました」と明かした。

「『AKB48』は夢を叶える場所なので、“いつ”というのはなくずっと考えていた」と板野さん。コンサートではなく映画の中での発表についても「本当は春のコンサートまで待って発表しようと思ってたんですが、秋元先生は『本音で言ってしまった発表が板野らしいんじゃないか』と言っていただいた」と説明した。なお現在のところ卒業の日程の詳細は未定。

この後、ほかのメンバーが登壇したが、最初にマイクを握った総監督の高橋みなみは、まず交際が報道されて研究生への降格処分が発表された峯岸みなみについて「ご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と謝罪。「(AKBが誕生した)2005年の12月8日に戻ってイチから頑張ります」と峯岸さんの思いを代弁した。

また峯岸さんが謝罪の意味を込めて自ら坊主頭となった姿をYou Tubeで公開し謝罪したことについて「本人からみなさんに直接、謝罪したいという要望があった」と説明。「私たちも正直、絶句でした…」と目を真っ赤にして心情を吐露した。高橋さんの謝罪のさなか、篠田麻里子を始めメンバーたちの目には涙が。改めて今回の一連の出来事に対するメンバーの衝撃の大きさを伺わせた。

板野さんの卒業に関しては、本人から聞かされていた一部のメンバーを除き、この日の登壇陣も直前に知ったそう。高橋さんは「ずっと一緒にやって来たので正直寂しいけど、最後の決断は自分でするもの」と板野さんの背中を押す。

小嶋陽菜は「私も(卒業を)考えることはある」と正直な思いを明かしつつ、「でも、それは勇気がいること。それを決めたともちんはカッコいいと思います」と苦楽を共にしてきた仲間の決断を称えた。

篠田さんは「何度か本人からそういう話が出てきたので、遅かれ早かれそういう日が来ると実感していたけど寂しい」とコメント。一方で「残された私たちは『AKB』として頑張っていかないと」と決意を口にした。

板野さんは「残り少ない時間ですが、メンバー、そしてファンのみなさんとたくさん思い出を作りたい」と語り、客席は拍手と歓声に包まれた。

この日はほかに渡辺麻友、北原里英、島崎遥香、横山由依、菊地あやか、入山杏奈、川栄李奈、加藤玲奈、高橋栄樹監督も登壇。大島優子はインフルエンザのため欠席となった。

『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』は、TOHOシネマズ・六本木ヒルズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top