ブラッドリー・クーパー、自らの人生も変えた主演作がいよいよ今週末公開に

最新ニュース

『ザ・ワーズ 盗まれた人生』 -(C) 2012 BY THE WORDS MOVIE, LLC
  • 『ザ・ワーズ 盗まれた人生』 -(C) 2012 BY THE WORDS MOVIE, LLC
大ヒット中の『世界にひとつのプレイブック』にて来日を果たし、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされたブラッドリー・クーパー。今、ノリに乗っている彼の主演作『ザ・ワーズ 盗まれた人生』が、いよいよ今週末3月9日(土)に公開される。

本作は、作家としての成功を目指す男の野心が生んだ悲劇と人間の本性をあぶり出す、サスペンスフルドラマ。全米では初登場第4位のスマッシュヒットを記録した。ブラッドリーが演じるのは、愛する人との生活と、作家として成功する夢の狭間で葛藤する主人公・ロリー。夫の才能を信頼し、支持する妻のドラを、本作の共演がきっかけで交際した『アバター』のゾーイ・サルダナが演じた。

作家としての成功を夢見ながら、なかなか芽が出ないロリーは、新婚旅行先の骨董屋で薄汚れたアタッシュケースを見つける。中に入っていたのは、1束の原稿。それはまさに、彼が書きたいと切望してきた“悲恋”を描いたものだった。本当はいけないことを知りつつも、その作品を盗作して出版し、思わぬ成功を収めるロリー。だが、ある日、ひとりの老年男性がロリーのもとを尋ねてくる。なんと彼は、あの原稿を執筆した本人だと言うのだ…。

破局と復縁をくり返していたブラッドリーとゾーイが、お互い売れっ子になったことで昨年末、自然消滅したことは有名な話。だが、これまでキャメロン・ディアス、レニー・ゼルウィガー、ジェニファー・ロペス、最近ではモデルのローラ・シンプソンなど、数々の女性との浮き名を流してきた“最もセクシーな俳優”も、ゾーイだけは特別な存在だったようで、先日のアカデミー賞授賞式に同伴出席した母親が復縁をアレンジしたとか。

愛よりも成功と野望を優先させたことで、後悔と葛藤に苦しめられていくロリーは、まるで彼自身のプライベートのよう!? この映画を観ることで、私たちも一番大切なものに改めて気づかされるかもしれない。。

『ザ・ワーズ 盗まれた人生』は3月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。

(C) 2012 BY THE WORDS MOVIE, LLC
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top