ライアン・ゴズリング&エヴァ・メンデスの本物カップル出演の新作、日本公開決定!

最新ニュース

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved
  • 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved
  • ライアン・ゴズリング&エヴァ・メンデス -(C) Getty Images
  • 『L.A. ギャング ストーリー』L.A.ワールドプレミア(ライアン・ゴズリングと母・ドナ)
  • 『The Place Beyond The Pines』 (原題) -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved
  • 『ドライヴ』 -(C) 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.
  • 『ドライヴ』ライアン・ゴズリング -(C) 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.
  • 『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』 -(C) 2011 Ides Film Holdings, LLC
ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスという豪華キャスト競演『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』が5月25日(土)より公開することが決定した。

バイクのスタントマン・ルーク(ライアン・ゴズリング)は、かつての恋人・ロミーナ(エヴァ・メンデス)が自分の子どもを生んでいたことを知り、2人を養うために銀行強盗をはたらく。一方、出世欲の強い新米警官・エイブリー(ブラッドリー・クーパー)は、ルークを追い詰めるが、ある重大なミスを犯してしまう。15年後、運命のいたずらによって、2人の子どもは同級生に。しかし互いの親の秘密を知った彼らは、ある選択を迫られることに――。

本作は『ドライヴ』、最新作『L.A.ギャングストーリー』など、ハリウッドでいま最も熱い視線を浴びている実力派俳優ライアン・ゴズリングが、『ブルーバレンタイン』の監督デレク・シアンフランスと再タッグを組んだ最新作だ。共演は、本作をきっかけにライアンと交際をスタートさせ、レオス・カラックス監督の『ホーリー・モーターズ』での演技も絶賛されているエヴァ・メンデス。そして『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー。シアンフランス監督特有の映像美と印象的な音楽に、個性的でセクシーな3人の俳優がどのように絡み合うのか気になるところだ。

今回解禁となったビジュアルには、ルークとロミーナ、そして2人の赤ちゃんの家族写真。現実世界で恋人同士のライアンとエヴァの未来の姿のようにも見えて、ファンなら嫉妬してしまいそうな仲睦まじい姿だ。果たしてこの家族に幸せは訪れるのか。3つの運命が連鎖し、そして次の世代へと受け継がれた宿命の物語に期待が高まる。

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は、5月25日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top